有給休暇の義務化でもっと休めるようになる?仕事に与える影響は?

スポンサーリンク

2019年4月から有給休暇のルールが変わって取得が義務化されるらしい。私にどんな影響があるんだろう?

本記事では、有給休暇の取得義務化があなたの仕事にどんな影響があるのかついて説明します。

・2019年4月から有給休暇のルールがどう変わるのか?
・仕事にどんな影響があるか?
・有給休暇取得義務化をうまく使って休みを取ろう!

 
私は17年間の会社生活で有給休暇を使ってきました。有給休暇は、旅行に行ったり趣味に打ち込んだり、自分の時間を過ごすためにとても大切な労働者の権利ですね。自分がプライベートでやりたいことをできるだけできるように、仕事の忙しくない時期を探して有給休暇を取るようにしていました。

今回、有給休暇のルールが変わって取得が義務化されると聞いて、今までより休みが取りやすくなる場合と、取りにくくなる場合がありそうだと思いました。そこで、有給休暇取得に関するルールの変更について公表されていることを調べ、ネット上の意見をまとめてみました。
  

有給休暇のルールがどう変わるのか?

2019年4月1日から有給休暇のルールが変わります。会社は、年次有給休暇が10日以上発生した社員に最低5日間の有給休暇を使わせなければならなくなりました。理由は、日本の有給休暇取得日数が少ないことです。

画像出典:https://boxil.jp/beyond/a5923/

 

これまでは会社に有給休暇を与える義務はあっても、使わせる義務はありませんでした。なので、有給休暇を何日も持っているにもかかわらず、1年に1日も使わない人もいるのです。連合総研の調査によると、従業員100人未満の中小企業で働く4人に1人の25%が過去1年に1日も有給休暇を取得していなかったそうです。

 

仕事にどんな影響があるか?

 

休みが増える

今回の年休取得のルール改正で、最低5日間の有給休暇を取得することが義務付けられます。今有給休暇を取るのが難しい人にとっては休みが増える可能性がありますね。

  

残業が増える

やらなければいけない仕事の量が変わるわけではないので、どこかで埋め合わせをしなければなりません。休み明けに残った仕事をかたずけるために残業をしたり、家に持って帰って仕事をしたりする人もでてくるでしょう。

  

手続きがめんどうになる

会社は従業員に5日間有給休暇を与えたことを証明しなければいけないので、いつ有給休暇を取得するのか、事前に従業員に確認します。1年も先の休みの計画を今決めなさいと言われても分からない人も多いでしょうし、休みの計画が変わった場合に会社から文句を言われるかもしれません。

  

今より休みを取りにくくなる人もいる

少ない人数で何とか仕事を回しているような職場では、今より休みを取りにくくなる人も出てきます。有給休暇の取得義務化のおかげで休みを取れるようになった人がいる半面、代わりに上の立場の人が仕事をしなければならなくなることがありそうです。

  

上司が辞めていく

人員不足を補うために上司が今まで以上に仕事をしなければいけなくなると、上司も人間ですから疲れてしまいますね。

  

有給休暇を取得するパートやアルバイトの人が増える

週に1日しか働かないパートやアルバイトの人でも、継続して働いていれば有給休暇をもらうことができます。

例えば、週に1日の勤務を半年続けると、年に1日の有給休暇をもらうことができるのです。

これまでパートやアルバイトの人が有給休暇をもらえることはあまり知られていませんでしたが、今回のルールの改正で多くの人に知られることになりそうです。

  

有給休暇取得義務化をうまく使って休みを取ろう!

これまで休みが取れなかったのは人員不足が原因であることが多いです。従業員が少ない職場では周りの人に迷惑がかかるからと、有給休暇の取得が難しい状況でしたが、有給休暇の取得が義務化されても職場に人が少ない状況は変わりません。でも、有給休暇の取得について多くの人が関心を持っている今は、上司や経営者と有給休暇について話し合うまたとないチャンスです。がんばって有給休暇を勝ち取りましょう!

 

 

仕事をうまく進める
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント