カルロスゴーンは保釈後どこに住む?裁判はこれからどうなるの?

スポンサーリンク

カルロスゴーンさんが保釈されたけど、これから裁判はどう進んでいくんだろう?保釈されている間は何ができるのかな?

カルロスゴーンさんの保釈が決定しました。今まで100日以上もの間東京拘置所から出られない不自由な生活をしていたわけですが、保釈されたカルロスゴーンさんはどんな暮らしをするのでしょうか?また、裁判が始まるとどうなるのでしょうか?

これまでにあった事件を参考に説明します。

保釈後の生活

どこに住んでいたの?

カルロスゴーンさんの日本の家は超高級マンションの元麻布ヒルズでした。

カルロスゴーンさんは最上階29階の最も高級な部屋に住んでいたという話もあるのですが、実際には17階に住んでいたそうです。
広さは149㎡で家賃は月に130万円程度だろうと言われています。
月に1週間しかいなかったそうですから、ホテル住まいでもよかったのではないでしょうか?

日産自動車が家賃を支払っていたそうなので、カルロスゴーンさんは家賃のことを気にせずに済むことができていました。

でも、逮捕後の1月に日産は賃貸契約を解除したのでもうこの元麻布ヒルズに住むことはできません。

 

保釈中は住む場所を裁判所から指定される

保釈が許可される際に、保釈中に住む住居を指定されることがあります。保釈中は裁判の結果を待っている状態ですから、裁判所は逃走されないように被告を管理する必要があるからです。

今回の保釈を実現した弘中弁護士はカルロスゴーンさんが「東京都内に住むこと」を条件として保釈されたと話しています。

また、カルロスゴーンさんの住まいに監視カメラを設置すること、電話以外の通信手段を使えないようにすること、カルロスゴーンさんが平日の日中は弘中弁護士の事務所に行くことも保釈の条件となりました。

弘中弁護士の事務所は東京都千代田区麹町にあります。監視カメラを設置したり、インターネット接続を持ち込ませない、毎日カルロスゴーンさんが弘中弁護士の事務所にいくことを考えると、弘中弁護士の事務所からそれほど遠くないところにカルロスゴーンさんが住むことになるでしょう。

関連記事:カルロス・ゴーン氏を保釈させた弘中弁護士の経歴!過去の担当事件も!

 

保釈中は好きな食事をすることができる

カルロスゴーンさんは保釈中、インターネットが使えないことなどの制限を除いて自由に生活することができます。東京拘置所にいる間は外に出られないので、食事は差し入れをしてもらうか、拘置所のご飯を食べなければなりません。

カルロスゴーンさんは東京にお気に入りのレストランがあるので、食べに出かけるのではないでしょうか。

カルロスゴーンさんの好きな食事

焼き鳥 串若

都営三田線三田駅、山手線田町駅の近くにある焼き鳥店「串若」はカルロスゴーンさんの行きつけのお店でした。11月19日に逮捕された翌日20日にも予約を入れていたそうなのですが、行けなくなりキャンセルしています。

まずはこのお店に行っておいしい焼き鳥をお召し上がりになるのでしょうか。

関連ランキング:焼き鳥 | 三田駅田町駅芝公園駅

 

麻布十番『焼肉苑』

麻布十番にお住いだったカルロスゴーンさんは麻布十番の焼肉屋「焼肉苑」にたびたび訪れています。
とてもおいしいのに、牛ロースが480円、中落ちカルビが580円ととてもリーズナブル。
世界中でいろんな美味しいものを食べてこられたカルロスゴーンさんが食べに行くくらいですから、おいしいこと間違いなしでしょう!

関連ランキング:焼肉 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

 

釈放後の想定される裁判日程は?


同じ有価証券報告書に虚偽の記載をしたとして罪に問われた堀江貴文さんの「ライブドア事件」を振り返ってみましょう。

堀江貴文さんは2006年にライブドアの証券取引法違反で逮捕されています。94日の勾留後、保釈金を3億円支払い保釈されました。2006年4月27日の保釈から130日後の9月4日に東京地裁で初公判が行われました。

保釈から316日後の2007年3月16日、東京地裁での裁判の結果は懲役2年6か月の実刑判決。また拘置所で勾留されましたが、即日控訴し、保釈金を追加で2億円納付して再保釈されています。

最初の保釈から1845日後の2011年4月26日に懲役2年6か月が確定し、6月20日に東京拘置所に収監されています。

ライブドア事件では、最初の逮捕の後の保釈から1845日で実刑が確定しました。カルロスゴーンさんの裁判が長引く場合、同様に5年くらい時間がかかるかもしれません。

この間、日本から出ることはできず、監視カメラ付きの家に住む必要があります。

もうすぐ65歳になるカルロスゴーンさんの裁判が終わるころには70歳になっているかもしれません。

 

(2019年3月20日追記)

東京地裁は3月20日、カルロスゴーン被告の第1回公判前整理手続きを5月23日に指定しました。今秋にも初公判が開かれるとの見通しを示したと弁護団が明らかにしました。

 

まとめ

カルロスゴーンさんの保釈が決定しましたが、これから先の裁判が大変なようです。カルロスゴーンさんは「裁判に全力で立ち向かう」とコメントされています。今後の動きに注目したいと思います。

関連記事:カルロス・ゴーン氏を保釈させた弘中弁護士の経歴!過去の担当事件も!

TV裁判
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント