貴乃花の現在の再婚可能性は?離婚してから仕事や生活はどう変わった?

スポンサーリンク

 

2018年10月に日本相撲協会を退職した元貴乃花親方ですが、11月26日に23年間一緒にいた元妻の河野景子さんと離婚しています。

相撲協会を変えるために頑張っていた元貴乃花親方の活動は記憶に新しいところですが、河野景子さんと離婚した後はどのように過ごしているのでしょうか。再婚の可能性はあるのでしょうか。

 

貴乃花の現在の様子

現在の元貴乃花親方は、テレビやイベントに大忙しです。河野景子さんと離婚してからしばらく経ちますが、今後の再婚の可能性はあるのでしょうか。

 

3月2日(日)放送のメレンゲの気持ちに出演された元貴乃花親方は、ご自身の現状について話されました。

最近は全国を回って友人、支援者と一緒に仕事をしているそうです。子供たちと触れ合い、教育にかかわる仕事がしたいと考えられているそうです。

現役時代はほとんど飲まなかった元貴乃花親方は、休みの日は飲んで寝てを繰り返すことがあるそうです。ずっと家にいる日は1日に一升瓶1本飲む酒豪ぶり。離婚して一人になった元貴乃花親方は洗濯は自分でされているそうです。掃除は窓を開けるだけで大丈夫だとのことでした。

18歳と16歳の娘さんとはよくメールをしているそうです。娘さんたちはお父さんのことがとても心配で気にかけてくれるそうです。娘に彼氏ができたら、という質問に対し「そうですね。。。考えられないですね。。。」と溺愛っぷりを見せていました。

 

再婚の可能性

番組中で元貴乃花親方は再婚の可能性について問われたとき、「再婚は今のところうーん」、といった様子で具体的な再婚話が動いている様子ではありませんでした。

でも、ずっと独り身でいると娘さんたちに迷惑をかけるのではないかと懸念をしめされていました。胃袋をつかんでくれる女性と一緒になりたいという気持ちはお持ちだそうです。

年齢については、「前は年上の方にお世話になったので」と年下を示唆するような発言がありました。

お見合いは恥ずかしいとのこと。あの大横綱でも恥ずかしい気持ちになるなんて人間味を感じますね。

 

河野景子さんとの離婚

河野景子さんとの離婚について振り返ってみましょう。

1995年に結婚した元貴乃花親方と元アナウンサーの河野景子さんは23年後の2018年10月25日に離婚しています。

お二人の離婚は11月26日に公表されました。その間の11月3日に開催されたお祭りで、お二人は一緒に綿菓子を作られていました。もうこの時には離婚されていたわけですが、まさかこの時すでに離婚していたなんて思いもつきませんでした。

 

 

元貴乃花親方は九州場所で貴乃花部屋の宿舎を置いていた福岡県田川市の知名度向上やイメージアップを図る、「たがわ魅力向上大使(tanto大使)」に任命されています。このお祭りは第13回TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~でした。

 

離婚届は元貴乃花親方が自ら提出されたそうです。

この離婚のことを元貴乃花親方は「お互いの夫婦関係を卒業する」と表現されていました。

「円満な夫婦は別れない。円満じゃないから別れるということ。お互いの道を行こうということです」ともおっしゃられていて、円満な家庭を築かれていたように見えましたが、いろんなことがあるんだなあと思わざるを得ない印象でした。

 

長男・雄一さんの芸能活動に対する考え方の違いが離婚の原因の一つ

この離婚の理由に関して、「靴職人の長男・優一さんに対する思いが大きく違ったようだ」との指摘もありました。優一さんは靴職人をするかたわらで、テレビによく出演するようになっていました。このかたわらのテレビ出演に対してご夫婦で意見の相違があったようです。

景子さんが優一さんがテレビで活躍されるのを見守り、後押しするスタンスであるのに対して、元貴乃花親方は優一さんに対して「テレビに出ている場合じゃない」と発言しています。結局優一さんは芸能事務所を辞めることになりました。

 

娘に配慮して離婚時期が遅くなった

元貴乃花親方と河野景子さんとの間には、靴職人の長男・優一さんと、2人の娘さんがいます。長女は2月に、次女は離婚直前の9月に海外に留学しました。まだ未成年の娘さんが2人とも海外留学に旅立ったタイミングでの離婚となっています。離婚騒動に巻き込まれないようにとお二人が配慮された結果、離婚のタイミングが遅くなったのかもしれません。

 

 

退職後の仕事

日本相撲協会を退職した後、元貴乃花親方はどんな仕事をしているのでしょうか。

 

しゃべくり007

退職後のTV初出演は「しゃべくり007」でした。


しゃべくりでは、メンバーのムチャぶりにもノリノリで対応して歌まで披露したり、女優の石原さとみさんのファンであることを明かしたりして、バラエティー番組でも大活躍できることを証明していました。

 

たがわ魅力向上大使

九州場所で貴乃花部屋の宿舎を置いていた福岡県田川市の知名度向上やイメージアップを図る、「たがわ魅力向上大使(tanto大使)」に任命されています。第13回TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~では、離婚した河野景子さんと一緒に綿菓子づくりに専念されていて、その姿は多くの方がテレビでご覧になられたと思います。

たがわ魅力向上大使には、俳優の哀川翔さん、脚本家の中島かずきさんらも就任されています。

 

講演活動

日経 xTECHによると、元貴乃花親方は2018年12月、「日本相撲界のイノベーション」というテーマで講演をしています。日本相撲協会の組織の問題点について、Jリーグと比較して説明されていました。Jリーグは広報、宣伝、営業、総務といったクラブ経営と選手強化が分離しているのに対して、相撲では選手強化、広報、営業、総務などすべてを親方が管理する必要があることが最大の違いであり、改善の余地のある点だと指摘されています。

講演を通じて元貴乃花親方ご自身が学ぶことが多いとおっしゃっています。

とても充実した内容ですので、詳しい内容は上記のTwitterリンクからご覧になってください。

 

新貴乃花部屋の設立

元貴乃花親方は、ちびっこ相撲大会の訪問などを通じて、子供たちの教育に役立てるような活動に携わっていきたいとおっしゃっていて、次世代の相撲人の育成に取り組んでいくことを考えを示しています。九州場所での貴乃花部屋の宿舎にある土俵は今もなお残されているそうで、いつか新貴乃花部屋としてちびっこ力士を育成したいとう考えをお持ちだそうです。

 

まとめ

元貴乃花親方は日本相撲協会を退職された後も様々な場所で活躍されています。今後も相撲を通じて元貴乃花親方の世界観を届けていただきたいと思います。

 

TV
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント