JYJユチョンの今後の復帰は?他の薬物逮捕韓流スターの刑を紹介

TV
JerzyGorecki / Pixabay
スポンサーリンク

JYJのユチョンさんが薬物を使用使用したことが韓国の国立科学捜査研究院の検査の結果明らかとなり、所属事務所のC-JeSエンターテインメントは専属契約を解除することを発表しました。

ユチョンさんは今後裁判にかけられますが、有罪が確定した場合、 どのような刑に処されることになるのでしょうか。また、今後の復帰の可能性はあるのでしょうか。薬物使用で逮捕された他の韓流スターの事例を見てみましょう。

薬物で逮捕された韓流スターの刑は?

チャ・ジュヒョク(懲役1年6か月の実刑)


チャ・ジュヒョクさんは韓国アイドルグループ「男女共学」出身で、薬物使用で2度逮捕されています。

1度目の容疑(懲役1年6か月の実刑)

薬物を使用したことで裁判中であった2016年10月に、飲酒運転で歩行者3人に車で接触し、けがを負わせています。また、薬物の使用期間が長いと指摘されていて、2017年6月に懲役1年6か月の実刑判決が下されました。

2度目の容疑

1度目の服役を2018年12月に終えた直後、マンションで退去拒絶や侮辱などの騒動を起こしたうえで薬物使用疑惑を認めたチャ・ジュヒョクさんは、警察から2度目の捜査を受けています。

1度目から実刑判決で、服役直後の再犯となると、2度めも実刑判決になる可能性が高いでしょう。

チョン・ソグォン(懲役10か月、執行猶予2年)


俳優のチョン・ソグォンさんは、2018年2月8日、オーストラリアの飲食店で薬物を使用したことで韓国に帰国後逮捕されています。2018年10月12日に、懲役10か月、執行猶予2年が言い渡されました。

チョン・ソグォンさんは「N.L.L:延坪海戦」などに出演していた俳優で、歌手のペク・ジヨンさんと結婚しています。

ハン・ジュワン(懲役8か月・執行猶予2年)


俳優のハン・ジュワンさんは2018年4月4日、薬物を購入して使用した罪で有罪判決が下されています。ハン・ジュワンさんに課せられた刑罰は、懲役8か月・執行猶予2年・40時間の薬物治療講義受講・320万ウォン(約30万円)の追徴金の支払いでした。

ハン・ジュワンさんはチャットアプリを使って薬物販売者と知り合い、薬物10gを購入し、ビットコインを使って支払いをするなど、最近の技術をふんだんに使って犯行に及んでいました。

キム・ソンミン(懲役2年6か月、執行猶予4年)


俳優のキム・ソンミンさんは2010年に薬物を密輸・韓国内で使用した容疑で逮捕されています。1審では懲役2年6か月の実刑を宣告されていました。しかし、2審では懲役2年6か月、執行猶予4年の判決となりました。

2審で執行猶予が付いたのは、密輸が販売や営利目的ではなかったことが情状酌量されたそうです。

そして2011年から映画「エイリアン・ビキニの侵略」などに出演し俳優活動を再開しています。

しかし、2016年6月24日に自宅シャワー室で意識を失って倒れている状態で発見され、そのまま帰らぬ人となりました。

 

JYJユチョンのこれからの復帰は?

ユチョンさんの容疑に一番近いのはチョン・ソグォンさんだと考えられます。同じ薬物を使用していて、輸入や他の犯行がないことが理由です。チョン・ソグォンさんは懲役10か月、執行猶予2年の判決となりました。

チョン・ソグォンさんの復帰の話は今のところ見つかりませんでした。チョン・ソグォンさんの判決がでてからまだ半年しかたっていないので時期尚早といったところでしょうか。

キム・ソンミンさんは薬物使用による逮捕から1年ちょっと経ったところの執行猶予期間中に俳優活動を再開しています。

もし、ユチョンさんに有罪判決が下ったとしても、同じ罪から復帰した韓流芸能人はいるということが心の支えになるのではないでしょうか。

まとめ


JYJのユチョンさんの衝撃的な事務所からの契約解除があり、これからの捜査・裁判の行方が気になります。もし有罪判決になってしまったとしても、これから先に何が起こるかは分かりません。ユチョンさんの姿がもう一度見られるときが来ることを心から祈ります。

TV裁判
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント