爆笑問題太田の転倒事故!行動と症状は?記憶は大丈夫?

TV
StockSnap / Pixabay
スポンサーリンク

「爆笑問題」の太田光さんが3月30日の『ENGEIグランドスラム』で転倒し側頭部を強打した件で、3日弱の休養の後、4月3日深夜のラジオ『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』に出演し、仕事に復帰されました。

転倒事故の様子やその後の経緯についてみてみましょう。

転倒事故の様子

『ENGEIグランドスラム』でとんねるずの石橋貴明は、手にしていたスイッチを押すと突如ケーキが爆発し、ケーキのクリームがステージの上に飛び散りました。

太田はステージに飛び出した所でクリームに足を滑らせ、ステージ下に落下。その後、ステージ上に戻ると、またクリームに足を滑らせて、頭から床にたたきつけられてしまいました

全く受け身を取れずに、側頭部から床に一直線にぶつかっていきました。スタジオにいた他の出演者は全員とても驚いた様子でした。

事故後の症状


事故後はすぐに病院に運ばれ緊急入院した太田さん。妻の太田光代さんはお見舞いに病院に行きました。

夫の光さんと一緒に病室でご飯を食べたとのこと。特に症状に問題はない様子でした。

記憶を失った?

 

事故後の最初の仕事だったTBSラジオ『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』で、転倒事故の前後を振り返った太田さんは、

「ネタが終わって、一旦はけたでしょ。エンディングで出てくる時に、客席のうしろから出てくる時に『ネタどうだった』って話したじゃない。それから、わーって出ていったのは覚えているけど、その後は覚えてない

「タカさん(石橋貴明)と握手した記憶がある、それがどのタイミングかわからない。そこから(番組が終わって)歩いて階段を降りて、なんだか知らないけど、周りが付き添っていて、オレの顔をみんなで拭いているっていうことがあって。また階段からの記憶がなくて、次は楽屋で座っているんだよ」

と話しました。頭を強打した時に一時的に記憶がなくなることはよくあることです。山本クリニックHPによると、

頭をひどく打った時には、脳振盪(のうしんとう)を起こすことがあります。脳振盪とは脳に大きな衝撃が加わったことによって、脳が一時的にその機能を失ったために出る症状のことを言います。

例えば、意識がなくなったりするとか、あるいは健忘症(けんぼうしょう)といって頭を打つた時点から、それより前の何時間かの間のことについての記憶がなくなってしまう(これを逆行性健忘症と言います)、頭を打ってから後の何時間かの間、その方は一見、普段と同じように行動なさっているように見えても、後で聞いてみると、その間のことを覚えていないと言ったことが起こるのです。こういった脳振盪の症状は、ほとんどの場合、全く一時的なものであって、後遺症を残すことなく治りますから、あまり心配される必要はありません。

出典:https://www.yamamotoclinic.jp/dir3/

とありますから、今のところ爆笑問題太田さんの症状に問題はないといえるでしょう。

まとめ:爆笑問題太田の転倒事故!行動と症状は?記憶は大丈夫?

『ENGEIグランドスラム』で転倒し、側頭部を強打して緊急入院された太田光さんですが、3日弱の休養の後、ラジオ番組に復帰されています。一時的に記憶を失ったようですが、これはよくあることだそうで、とりあえず問題はなかったといえるのではないでしょうか。今後の太田さんの活躍を楽しみにしています!

TV
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント