石野卓球はピエール瀧をどれだけ好きか!ツイッターフォローは2人だけ!

TV
スポンサーリンク

石野卓球さんは頻繁にツイッター投稿することで知られますが、ピエール瀧さんが逮捕された後、石野卓球さんのツイッターはあまり更新されていません。

30万人以上のフォロワーのいる石野卓球さんですが、フォローしているのはたったの2人です。

 

 

ピエール瀧さんと電気グルーヴだけなんですね。石野卓球さんの一途な思いが伝わってきます。

石野卓球さんがピエール瀧さんと電気グルーヴのことをどれだけ好きなのか、エピソードを調べてみました。

ピエール瀧さんのことが大好きなエピソード

ピエール瀧さんを喜ばせるために電気グルーヴをやっている

石野:高校生のころに始めた時の、瀧に喜んでもらいたいというのが、僕にとってのこのバンドなんです。(中略)

――瀧さんに聴いてもらいたい、喜んでもらいたいみたいな

石野:コレあいつ喜ぶぞ~、ココ好きだろう~みたいな。

出典:https://www.huffingtonpost.jp/2017/03/11/denki-groove_n_15295806.html

電気グルーヴは、結成から28年が経った時にアルバム『TROPICAL LOVE』をリリースしています。その時に2人でハフポストのインタビューを受けています。

ハフポストのインタビューでは、日本のダンスミュージックをけん引してきた電気グルーヴの音楽がどこから始まったのか、何を表現していきたいと考えているのかについて2人に聞いています。

ピエール瀧さんを喜ばせるために電気グルーヴをやっているなんて、素敵な話ですね。

 

 

 

電気グルーヴはピエール瀧さんのために作った実家のような場所

――石野さんはDJなど、ソロの音楽活動も多い。瀧さんは役者としての活動を広げています。お二人にとって電気グルーヴはどんな存在なんでしょうか?

石野:実家みたいな感じですね。(中略)実家に誰かが住んで常駐しているわけではなくて。実家というか部室っていうか。別に、必ず戻ってこなくていいんですけどね。待ち合わせ場所みたいな感じですね。

瀧:つぶして更地にすることは、まぁないっていう。

石野:更地にする必要はないよ!

出典:https://www.huffingtonpost.jp/2017/03/11/denki-groove_n_15295806.html

石野卓球さんは電気グルーヴ立ち上げ時にピエール瀧さんを誘って結成されています。それから30年間続けた電気グルーヴは、石野卓球さんにとって「実家」や「待ち合わせ場所」のようなものだと言われています。ピエール瀧さんの「居場所」を石野卓球さんが作ったようなものかもしれません。

今後その「実家」をつぶす必要はないと明言されています。石野卓球さんは電気グルーヴにピエール瀧さんが戻ってくるのをずっと待ちつづけるのではないでしょうか?

万が一の事態に備えて貯金口座を作った

(石野卓球)本当は一緒に住みたいぐらいだもん。(中略)

(ピエール瀧)そうなんですよ。ゆくゆくは一緒のお墓に入ろうと思ってます。(中略)

(石野卓球)いや、マジ。でもね、マジでね、最近、なあ。一緒の口座作ったもんな。

(ピエール瀧)あ、そう。一緒の口座作った。

(田中美保)へー!なんで?

(石野卓球)あの、バンドっていうかグループで貯金をしようってことになって(笑)。

(ピエール瀧)25年目にして。

(石野卓球)25年目にして。それでこの前僕が口座。『じゃあ俺が代表で行くから』っつって。行ったんですよ。銀行に。で、なんか屋号でいま作れるじゃないですか。屋号+名前みたいに。それで申し込んで、呼ばれて。『えー、石野様。電気グルーヴ様』って呼ばれて、めっちゃ恥ずかしくて。

出典:https://miyearnzzlabo.com/archives/20985

グルーブ結成25年が経って、一緒の銀行口座を作ることにした石野卓球さん。

電気グルーヴの事務所が変わったことに伴ってライブなどの赤字を2人で被らなければならなくなったそうで、2人で銀行口座を作った理由を、病気でライブが中止になったときの損失補填のためと説明されていました。

石野卓球さんは銀行口座の代表を買って出ています。石野卓球さんが共同の銀行口座を持つことを提案されたのでしょうか。

電気グルーヴの元メンバーの砂原良徳さんはインタビューで、石野卓球さんはとても非常識だが、電気グルーヴのリーダーとして責任感は強いような気がする、とコメントされています。

責任感の強い石野卓球さんはピエール瀧さんと電気グルーヴに万が一のことがないようにと案じているようですね。石野卓球さんの深い思いを感じるエピソードです。

 

石野卓球は高校生の頃からピエール瀧のことを心配している

――高校生の頃に出会った当初はどんな感じだったんですか?

瀧:けど、毎日会って遊んでる友達なのに、そこで一瞬でも隙を見せたら「お前、今、隙を見せたな」ってドヤされるんです(笑)。

卓球:ははは! 友達としては安心しているんだけどたまにお前がボロを出したときは、友達として「おい、それ!」って注意を促すんですよ

出典:https://nikkan-spa.jp/1010009

石野卓球さんは高校生の頃から時々ピエール瀧さんに注意を促していたそうです。ピエール瀧さんの逮捕も石野卓球さんが言う「ボロ」なのでしょうか。コカインの使用は「隙」以外の何物でもありませんね。逮捕前に石野卓球さんはピエール瀧さんに何か注意をしていたのかもしれませんね。ピエール瀧さんのことが心配で仕方ない様子がこの文章からも伝わってきます。

 

ラジオ放送中でもピエール瀧さんのことが気になって仕方ない石野卓球さん

(放送終了時間が近づいていることに触れて)

(ピエール瀧)この時間にね、限りがあるってことをすっかり忘れてた(笑)。

(石野卓球)そう。永遠かと思っちゃったよ(笑)。「永久に続くのかな?」と思って。俺と瀧の仲は。

出典:https://miyearnzzlabo.com/archives/38955

ピエール瀧さんのラジオ番組「たまむすび」に石野卓球さんがゲスト出演したときの会話です。視聴者からの質問に答えるコーナーが盛り上がる中、放送終了時間が近づいていることに気づいたピエール瀧さんの言葉から、石野卓球さんは2人の仲が永遠に続くことを期待することを表明しています。その直前にはピエール瀧さんの家にいる感覚でいたことを明かしています。ラジオ局にいるにもかかわらず、気持ちの中ではピエール瀧さんと二人っきりでいるかのような会話になっています。

番組終了前には「瀧。今日、飲みに行かない?」と誘う石野卓球さん。本当にピエール瀧さんのことが好きで仕方ない様子です。

 

まとめ

石野卓球さんがピエール瀧さんのことをどれだけ好きなのか、いろんなエピソードを見てきました。まさにピエール瀧さんのために生まれてきたと言っても過言ではない石野卓球さん。きっと裁判が終わって戻ってくるまでずっとピエール瀧さんの帰りを待ちつづけられるのではないでしょうか。

TV電気グルーヴ
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント