さまぁ~ず三村のツイート「霜降り明星粗品以外がよかった」の理由?

TV
pixel2013 / Pixabay
スポンサーリンク

R-1で優勝した霜降り明星の「粗品」さんに対して、さまぁ~ずの三村さんが否定的なツイートをしたことが話題になっています。

 

さまぁ~ず三村のツイート

 

このツイートは3月12日の深夜0時6分に三村さんがシンガポールに滞在中に発信されたようです。

この前は3月9日にツイートされているので、3日ぶりのツイートがいきなり厳しい内容で始まっています。粗品さんに対する思いが相当深くあったようですね。

ツイートを読むと、三村さんは粗品さんと一緒に飲んでお話をされたようですね。

粗品さんが「へんな風になること」に対してとても懸念されているようです。

R-1で優勝しなかったほうが良かったと思うほどですから、飲んでお話をされたときに相当な違和感をかんじられたのでしょう。

どんな違和感をかんじられたのでしょうか?

 

さまぁ~ず三村が否定的なツイートをした理由

霜降り明星の粗品さんはテレビで見ていても個性的な方であることがよく分かります。

芸人さんは個性的な方が多いですが、それでもさまぁ~ず三村さんが「一言言ってやらなければいけない」と思った理由は何だったのでしょうか?

大きな態度をとっていたから?

いつも堂々としている粗品さん。ビートたけしさんに突っ込んだり、目上の審査員にもガンガン反論していく姿が見かけられます。

 

若くして成功して苦労を知らないと思われているから?

1993年1月7日生まれの粗品さん(本名:佐々木直人さん)は、26歳の若さでM-1、R-1共に最年少優勝という快挙を成し遂げました。

また、19歳の若さで2012年オールザッツ漫才で優勝しています。オールザッツ漫才は、ケンドーコバヤシ、友近、笑い飯、和牛などの大物が優勝している、由緒正しい漫才の大会です。

若くしてブレークしても消えていく芸人は後を絶ちません。

  • 日本エレキテル連合
  • 8.6秒バズーカ
  • とにかく明るい安村

など。三村さんは粗品さんにいつまでも芸能界に残っていて欲しいと願っているからこそ、厳しいツイートをされたのでしょうか。

 

 

霜降り明星「粗品」さんのR-1優勝のネタ

「粗品」さんがR-1で優勝した時のネタがこちら!
マジックを使ったやさしいタッチの絵がかかれたフリップを使ってスピーディーにネタを進めていく粗品さん。
会場の盛り上がりに負けない、堂々としたネタの見せ方は、4分31秒のYoutubeの再生中ずっとくぎ付けになります。
まだご覧になっていない方は、ぜひご覧ください!

ネットの反応

三村さんの厳しいツイートに対して、粗品さんの実力がないのに優勝したことをおかしいと思う声や、

謙虚な姿勢を失っていることを懸念している声や、

三村さんのツイートに対して否定的な意見が見られました。

まとめ

少し厳しいツイートをされた三村さんですが、最後に祝福のツイートをすることを忘れていません。きっと三村さんのやさしさから、厳しいツイートを粗品さんに伝えたようとされたのではないでしょうか。

 

TV
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント