瀬戸康史は昔ギャル男だった?激太りした理由がかっこいい!

スポンサーリンク
タレント
moinzon (CC0), Pixabay

2020年春放送のドラマ「私の家政夫ナギサさん」にも出演される瀬戸康史さん。

今回はそんな瀬戸康史さんに注目してみました。

 

瀬戸康史は昔ギャル男だった?激太りした理由がかっこいい!と題して、瀬戸康史さんが本当にギャル男だったのかなぜ激太りしたのかをリサーチしました!

 

では早速、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

瀬戸康史はギャル男ではなく秀才だった!

瀬戸康史さん、ギャル男どころか実はかなりの秀才だったそうです。

芸能界入りする前は獣医を目指していて、偏差値の高い高校に通っていたそうです。

 

だから賢い役柄でもしっくりくるのかもしれませんね。

 

瀬戸康史の高校は偏差値高い!

瀬戸康史さんが通っていた高校は福岡県立嘉穂高等学校です。

福岡県立嘉穂高等学校は偏差値68とかなりレベルの高い高校となります。

 

瀬戸康史さんと高校にはこんなエピソードも。

嘉穂高校は2015年9月放送の連続テレビ小説『あさが来た』のモデルになった潤野炭坑の跡地にある高校なんです。

『あさが来た』に出演していた瀬戸康史さんは嘉穂高校と縁があるようです。

 

瀬戸康史の高校中退は芸能活動のため!

瀬戸康史さんは高校を中退されていますが、それは素行不良とかそういったことではなく芸能界入りに際して中退したようです。

上京するには中退しか選択できないですもんね。

2005年12月頃、高校2年生で中退したようです。

 

瀬戸康史さんはギャル男ではなく、高校生の頃も芸能界入りしてからもしっかり夢を持って頑張っていた青年でした。

 

スポンサーリンク

瀬戸康史ギャル男と言われる画像!

ギャル男というか、若さと役柄でそう見えているのでは?といった感じです。

瀬戸康史さんにギャル男のイメージはなかったですが、この時は確かにそう見えるかもしれませんね。

 

ギャル男というより、ただただ若くてかっこいい瀬戸康史さん…といった印象の方が強いです。

世間の声もかっこいいとしかなくギャル男だとは言われていないようです。

 

スポンサーリンク

瀬戸康史は役作りのために激太り!

一時期、瀬戸康史さんが太ったのでは?激太り?と言われたことがありました。

それは実は役作りのためだったことが後に判明したのです。

 

この作品はかなりの熱量と集中力、スピードが必要な作品です。これはもうスポーツです。

加えて刑事ということで体重を10キロ増やしました。
僕が演じる和馬は何事にも全力で取り組む、おもしろいくらい真っ直ぐな人間です。

引用元:https://www.fujitv.co.jp

 

2019年7月11日から9月26日までフジテレビ系「木曜劇場」で放送された『ルパンの娘』で刑事役を演じた瀬戸康史さん。

このドラマの為に10キロも激太りしていたのです!凄い!

 

10キロってかなりですよね。

それだけ激太りしようと思ったら大変だと思うのですが、瀬戸康史さんの役者魂に感動しました。

 

スポンサーリンク

瀬戸康史は昔ギャル男だった?激太りした理由がかっこいい!まとめ!

今回は瀬戸康史は昔ギャル男だった?激太りした理由がかっこいい!と題して、瀬戸康史さんが本当にギャル男だったのかなぜ激太りしたのかをお伝えしました!

 

瀬戸康史さんはギャル男どころか秀才で、役作りのために10キロも激太りするような役者魂の持ち主だとわかりました。

 

これからもそんな瀬戸康史さんの出演作品を見るのが楽しみです。

コメント