間瀬翔太のきょうだいは妹でかわいい!家族(父母)や彼女についても!

スポンサーリンク
タレント

脳動静脈奇形という10万人に1人の難病を乗り越えて芸能界に復帰している、めちゃくちゃハンサムな間瀬翔太さん。

同じ病気に苦しむ人を助けるために署名を集めています。性格までかっこいいですよね!

きょうだいもさぞかしかっこいい、かわいいのではないかと思いませんか?

実は間瀬翔太さんには妹さんがいて、めちゃくちゃかわいいのです。

ご家族と一緒に、どの様な方なのか見て行きましょう!

【画像】間瀬翔太の現在と若い頃の顔は?手術直後の腫れがヒドイ!
10万人に1人がかかる難病の脳動静脈奇形(のうどうみゃくりゅうきけい)を患い、頭を開ける手術を行った間瀬翔太さん。 手術後は以前にダンスヴォーカルチームBLIZZARD(ブリザド)の一員として活動していた面影もないほどの姿になってしま...
スポンサーリンク

間瀬翔太の妹は美容院の宣伝に起用されるほどの美人!

間瀬翔太さんがめちゃくちゃハンサムなのですが、妹さんも負けず劣らずきれいな方ですね。おしゃれな自由が丘の美容院の看板にでっかく載るくらいに美人でかわいいです。

間瀬さん曰く、性格は鬼のようで、毒舌でとてもディスられていたとのこと。

それでも、間瀬翔太さんは妹さんのことが大好きな様子です。

妹さんの名前は「ともみ」さん

間瀬翔太さんは妹さんのことをともちんと呼んでいました。

実は妹さんはともみさんというお名前なんだそう。

それにしても、間瀬翔太さんは妹さんのことが大好きな様子ですね。

子供のころに朝ドラに出演していた妹さん

妹が小学生の時に芸能界に既に入ってて、朝ドラとか出てたんだけどレッスンとかセリフ覚えが大変そうでさ。
僕は向いてないなぁ、って思ってた!*笑*

引用:アメブロ

小学生の時に既に芸能界に入っていたという間瀬翔太さんの妹さん。NHKの朝ドラなどに出演されていたのですね。これだけの美人ですから、小学生のころに芸能界に入っていたのもうなづけます。

間瀬翔太さんが芸能界に入ったのは17歳のころで、アイドルユニット”BLIZZARD”(ブリザド)としてのデビューでした。

妹さんが先にデビューした芸能界に、お兄さんもデビューするということで、ご両親は驚かれたのではないでしょうか?

 

結婚して2人の子どもがいる妹さん

2014年に結婚された妹さん。2019年では4歳と0歳の2人のお子さんと一緒に生活をされているそうです。

間瀬翔太さんはきっと妹さんの2人のお子さんにとって、よいおじさんなんでしょうね。

 

子供のころからいつも仲が良かった間瀬翔太さんと妹さん

妹が面会に来てくれたよ。小さい頃から一緒に登校したり、買い物行ったり、家政婦さんにドッキリ仕掛けたり、喧嘩したり、遊んだり、沢山したけど、こうしてデカイ戦い前も一緒になるとはな!マヂありがとうね!! 

引用:間瀬翔太インスタグラム

これまでのどのエピソードを見ても、間瀬翔太さんは妹さんのことをとても大切に思っていることが伝わってきました。

つい先日の脳動脈瘤奇形の大手術の直前にも、妹さんに対する思いが溢れるメッセージを発表されていました。

羨ましいですね。

 

大人になってからも尊敬している

引用:間瀬翔太アメブロ

間瀬翔太さんは、妹さんと一緒に撮った写真をよくブログにあげています。妹思いなことがよく分かります。でも、一番尊敬している人が妹さんだというのは、ただの妹思いな兄というレベルを超えているように思いますね。

間瀬翔太さんは難病の脳動脈瘤奇形に困っている人を助けるために活動をされるなど、とても心のきれいな方ですが、妹さんもきっと素晴らしい人間性をお持ちの方なのでしょうね。

スポンサーリンク

家族(父母)や彼女についても!

父親について

岩手県出身のお父さんは、間瀬翔太さんが芸能の仕事をすることに一番乗り気ではなかったそうです。でもいまでは誰よりも応援してくれる存在なんだとか。

間瀬さんがどれだけお父さんに嘘をついても、傷つけても、お父さんはずっと信じ続けてくれたと、間瀬翔太さんのラインブログで綴っています。

こういうことを素直に、お父さんに伝えられるのは本当に勇気のいることだと思います。

お父さんはきっと間瀬さんのこのコメントを読まれていると思いますが、本当に嬉しかったのではないでしょうか。信じ続けるのは大変な事だと思いますが、その先には想像もしなかった世界が広がっていたのでしょうね。

母親について

間瀬翔太さんは脳動脈瘤奇形と戦うことになってから、脳動脈瘤奇形を難病指定してもらうための活動を開始しています。自分が味わった苦しみを他の人が味わわなくてもよいようにと、署名を集めるなど精力的に活動をされています。

間瀬翔太さんは、脳動脈瘤奇形の手術を受けることになってからお母さんが昔書いた日記を読む機会がありました。

お母さんは昔、乳がんの手術を乗り越えた経験がありました。日記にはお母さんの闘病中の苦しい思いや辛さ、苦しみなどが書かれていました。手術が成功し乳がんを乗り越えたお母さんは、自分と同じく乳がんで困っている人を助けるようになったそうです。

間瀬翔太さんは、お母さんの日記を見て、自分も脳動脈瘤奇形で困っている人を助けたいと思うようになったんだとか。

良い思いは伝わっていくんですね。

彼女について

実は僕は結婚願望も恋愛願望も実はあります。

(中略)

ただ難病が発覚してから気付いた新たな悩み。

【いつ再発するか分からない。
一般の方より多少でもリスクのある人間と付き合ってくれる方は居るのだろうか?】

引用:間瀬翔太アメブロ

これは間瀬翔太さんのアメブロからの引用ですが、これを読む限り、間瀬翔太さんは独身のようですね。また彼女もいないようです。

間瀬翔太さんは10万人に1人の難病の脳動脈瘤奇形を手術で乗り越えられています。でも、再発のことを考えてしまうことをブログで告白されています。

同じ病気になったことがないので、間瀬翔太さんの気持ちを完全に理解することはできないのかもしれません。

でも、手術が成功したとはいえ、家族に対する責任を取れるのかとか、迷惑をかけてしまうのではないか、といったことを考えてしまうのは想像できますね。

スポンサーリンク

まとめ:間瀬翔太さんの妹はとても美人

超絶ハンサムな間瀬翔太さん。その妹さんも超絶美人でした。間瀬翔太さんはとても妹思い。これからも仲良く過ごしていただきたいですね。

【画像】間瀬翔太の現在と若い頃の顔は?手術直後の腫れがヒドイ!
10万人に1人がかかる難病の脳動静脈奇形(のうどうみゃくりゅうきけい)を患い、頭を開ける手術を行った間瀬翔太さん。 手術後は以前にダンスヴォーカルチームBLIZZARD(ブリザド)の一員として活動していた面影もないほどの姿になってしま...

コメント