【画像】間瀬翔太の現在と若い頃の顔は?手術直後の腫れがヒドイ!

スポンサーリンク
タレント

10万人に1人がかかる難病の脳動静脈奇形(のうどうみゃくりゅうきけい)を患い、頭を開ける手術を行った間瀬翔太さん。

手術後は以前にダンスヴォーカルチームBLIZZARD(ブリザド)の一員として活動していた面影もないほどの姿になってしまいました。

そんな間瀬翔太さんの現在と若い頃の顔画像を見て行きたいと思います。

間瀬翔太のきょうだいは妹でかわいい!家族(父母)や彼女についても!
脳動静脈奇形という10万人に1人の難病を乗り越えて芸能界に復帰している、めちゃくちゃハンサムな間瀬翔太さん。 同じ病気に苦しむ人を助けるために署名を集めています。性格までかっこいいですよね! きょうだいもさぞかしかっこいい、かわ...
スポンサーリンク

【画像】間瀬翔太の現在と若い頃の顔は?手術直後の腫れがヒドイ!

間瀬翔太の若い頃の画像


足立遥、酒井彰、斉藤敦、間瀬翔太の4人で結成していたダンスヴォーカルチームBLIZZARD(ブリザド)。

2004~2006年まで代々木公園を中心に、渋谷、代官山、新宿などでライブ活動をしていました。

その後は映画やドラマ、アニメの声優など幅広いジャンルで活躍をしています。

そんな間瀬翔太さんが手術をすることになったのは、10万人に1人の難病といわれる脳動静脈奇形。原因は不明ですが先天性の病気とされています。

間瀬翔太の手術直後の画像

 

こちらが開頭手術を終えて3日後ぐらいの間瀬翔太さんの顔画像です。間瀬翔太さんによると、手術後初日はもっと腫れていたそう。

超イケメンの面影が全くないというと失礼ですが、全く別人のようになっています。

頭を開けて脳の手術をおこなった間瀬翔太さん。全身麻酔を必要とする開頭手術が体に与える負担は小さいものではありません。また、間瀬翔太さんは頬骨に対する手術も行っていたため、顔の右半分の腫れは本当に痛々しいものとなっていました。

間瀬翔太の現在の画像


手術直前の間瀬翔太さんの様子がこちら。

かなりの覚悟で10万人に1人の手術に挑む様子が記録されています。

病気と向き合う過程をご自身のアメブロにつづっていて、多くのファンが手術の成功を祈っていました。

 

手術を終えたのが2019年8月6日。退院したのが8月18日。手術後わずか2週間足らずでの退院ですが、その後の奇跡的な回復で現在の様子は次のように素晴らしく回復されているのです。

 

 


長井秀和さんとの交流のある間瀬翔太さん。力強い応援に本当にささえられていたことを心から喜んでいるコメントが印象的でした。

間瀬翔太のきょうだいは妹でかわいい!家族(父母)や彼女についても!
脳動静脈奇形という10万人に1人の難病を乗り越えて芸能界に復帰している、めちゃくちゃハンサムな間瀬翔太さん。 同じ病気に苦しむ人を助けるために署名を集めています。性格までかっこいいですよね! きょうだいもさぞかしかっこいい、かわ...
スポンサーリンク

まとめ:【画像】間瀬翔太の現在と若い頃の顔は?

無事に10万人に1人の難病の手術を終え、完全回復を果たした間瀬翔太さん。本当にかっこいい間瀬翔太さんですよね!今はご自身の体験した病気「脳動脈瘤奇形」に苦しむ人を助けるために署名活動を頑張っています。

今後は映画に主演することが決定しており、これからの活躍からも目が離せませんね。

コメント