宮迫博之が逃げた?契約解消も引退会見なし!反社知らなかったは嘘?

タレント
スポンサーリンク

反社会的勢力の会合に出席し、歌を歌うなどして金銭を受領していた宮迫博之さんが、吉本興業とのマネジメント契約を解消することになりました。

相手が反社会的勢力だとは知らなかったと言っていた宮迫博之さん。

本当に反社会的勢力だと知らなかったのでしょうか。

見て行きたいと思います。

 

宮迫博之が逃げた?契約解消も引退会見なし!反社知らなかったは嘘?

宮迫博之(雨上がり決死隊)、マネジメント契約解消のご報告
2019年7月19日

弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日 7 月 19 日(金)付で、マネジメント契約を解消しましたので報告いたします。

宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、上記決定に至りました。

多くのファンのみなさま、関係各位に多大なるご迷惑ご心配をお掛けしておりますことを重ね重ね深くお詫び申し上げます。

引用:吉本興業ホームページ

雨上がり決死隊の宮迫博之さんが吉本興業と契約解消したことが判明しました。

吉本興業の発表によると、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断したそう。

諸般の事情とはなんだったのでしょうか?

吉本との契約解消のきっかけは金塊強盗事件

 

宮迫博之さんの引退の決定打となるのが7月18日発売のFRIDAYだとしたのは作家の沖田臥竜さんでした。

沖田臥竜さんは、これまでにも宮迫博之さんの闇営業に関する情報をツイッターで流していました。

 

その、FRIDAYには次のような内容の記事が掲載されたのでした。

「宮迫博之 半グレ金塊強奪犯と『ギャラ飲み』現場写真」と報じた同誌の記事によると、宮迫は2016年7月、大阪・北新地のキャバクラで男性4人のグループと顔を合わせ、記念撮影に及んだ。このうち1人が、福岡市内で金塊を盗んだとして窃盗罪に問われた人物。金塊強奪事件の3週間後の出来事だという。しかも帰る時に、5万~10万円の“ギャラ”を受け取っていたとの証言も紹介されている。

この強奪事件は「平成の3億円事件」と話題になり、本紙でも大きく報じた。警察官に扮した犯人グループが同市内の貴金属店から約160キロの金塊を盗み、被害額は当時の時価で約7億5000万円と言われた。

窃盗罪に問われた前出の人物が逮捕されたのは翌17年の5月のこと。宮迫が“ギャラ飲み”した当時は逃亡していたことになる。もちろん、事件との関わりは公にはなっていないとはいえ、フライデーによると入れ墨が明らかに見えていたというから、タダ者ではないと宮迫が気づいていてもおかしくない。カネまでもらっていたとなれば、不適切交遊のそしりも免れないだろう。

引用:東スポWeb


宮迫博之さんは、「平成の3億円事件」として知られる金塊強盗の犯人、野口和樹被告と一緒に写真を撮っていたことがFRIDAYに公開されてしまいました。

野口和樹被告は反社会的勢力の世界では有名な存在でした。

 「野口兄弟は、名古屋の半グレ集団のリーダー格だった。弟の和樹容疑者は、指定暴力団の幹部と友人関係にあるほか、平成9年には高級車を狙った窃盗団の主犯格として逮捕。17年にも3億8千万円規模の大規模盗難事件に関わったとして検挙された名うてのワルだった」(暴力団関係者)

引用:産経ニュース

 

反社会的勢力とは知らなかったと弁明していた

問題発覚当初は、カラテカ入江さんを引退させ、宮迫博之さんらは厳重注意処分でことを収めようとした吉本興業。

芸人たちは、反社会的勢力とはしらなかった、ギャラはもらっていない、と説明をしていました。

しかし、様々な写真が明るみに出てくるなかで、徐々にウソがばれていくのでした。

宮迫博之さんが一緒に写真を撮っていた人たちはいかにも見た目怖そうな人たちばかり。

しかも、一緒に写真を撮っていた4人のうち、2人の腕には刺青が入っていたそうです。

ちょっと普通の人とは違う雰囲気であるに気づいていたとしてもおかしくありません。

写真を撮った後、宮迫博之さんは5万円から10万円程度のお金をもらっていたそう。

これだけの条件がそろっていたにもかかわらず、反社会的勢力とは気づかなかったというのは無理があるのではないでしょうか。

宮迫ら入江以外の芸人たちは一様に「反社会的勢力の集まりとは知らなかった」「ギャラはもらっていない」と説明しており、吉本もテレビ各局もこの言い分を落とし所として丸乗りしている。入江ひとりに責任を押し付け、“トカゲの尻尾切り”で収束させようとしているのがミエミエだ。

引用:exciteニュース

 

嘘をついて謹慎のきっかけを作った宮迫博之

 吉本興業はこの日、公式サイトで、芸人が会合で受け取った報酬の金額を公表。宮迫は100万円、亮は50万円、それとは別に暴力団関係者との会合に参加したスリムクラブの真栄田賢(43)と内間政成(43)はそれぞれ7万5000円だった。

引用:ヤフーニュース

宮迫博之さんら13人の芸人が、反社会的勢力の会合に参加したことで謹慎処分になっています。

その騒動のきっかけは、宮迫博之さんが「ギャラはもらっていないのですが」とツイッターで発言したことでした。

出典:宮迫博之公式ツイッター

 

この嘘がなければ、ここまで大きな問題にはならなかったのではないかと言う声もあり、初動の悪さが悔やまれます。

 

若手復帰を働きかけていた宮迫博之

関係者によると、収入面などを考慮して若手を中心に復帰に向けた社内調整が始まり、先輩格である宮迫が「自分よりも若手を復帰させてほしい」と関係各所に働きかけているという。

引用:SANSPO.COM

 

宮迫博之さんは「自分よりも若手を復帰させてほしい」と関係各所に働きかけていたという宮迫博之さん。

このころから、引退を決意していたのでしょうか?

 

引退会見はなし!すべて説明したのか?

これだけの事件のきっかけを作った宮迫博之さんですが、吉本興業とのマネジメント契約解除が発表されても会見はしないと明言しています。

多くの芸人仲間も宮迫博之さんに会見するよう働きかけていましたが、結局会見をすることなく吉本興業とのマネジメント契約が解除されることになりました。

宮迫博之さんは入江さんに紹介された闇営業のギャラについて、納税をしていませんでした。他に闇営業はなかったのでしょうか?

もしあった場合、納税はされていたのでしょうか?

宮迫博之さんに説明責任があると思われます。

なんとも後味の悪い幕引きに、逃げたと思われても仕方がないのかもしれません。

 

まとめ:反社会的勢力との付き合いは決定的!他の未納税闇営業はなかったのか?

反社会的勢力との付き合いが決定的にばれてしまう写真をFRIDAYに掲載されてしまった宮迫博之さん。諸般の事情とは、反社会的勢力との付き合いがあることが明確にわかってしまうこと、だったようです。

これだけのことがあったにもかかわらず、相手が反社会的勢力だと気付かなかったというのはちょっと闇が深いのかもしれません。

宮迫博之さんの引退は芸能界にとって、大きな損失だと思います。

でも、明るみになった闇営業以外に納税されていない闇営業はなかったのか、説明をする責任はあるのではないでしょうか?

タレント
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント