宮崎大輔(ハンドボール)の嫁や娘と姉はどんな人?収入についても!

スポンサーリンク
スポーツ

今でも現役のハンドボール選手の宮崎大輔さん。「とんねるずのスポーツ王は俺だ」や「最強スポーツ統一戦」など、年末年始のスポーツ特番でもよくお見掛けします。

気になる収入と一緒に見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

ハンドボール宮崎大輔選手のプロフィール

名前 : 宮崎* 大輔(みやざき だいすけ)
生年月日 : 1981年6月6日
出身地 : 大分県
身長 : 175cm
体重 : 75kg
趣味 : 買い物、語学練習
特技 : スポーツ全般
*「立」に「奇」
引用:宮崎大輔オフィシャルブログ

1981年生まれの宮崎大輔選手。お姉さんがハンドボールをしていたことから、小学校3年からハンドボールを始めます。

出身の大分電波高等学校はハンドボールの名門高校。全国高等学校総合体育大会ハンドボール競技大会(インターハイ)、全国高等学校ハンドボール選抜大会で得点王に。

日本体育大学に進学し、全日本学生ハンドボール選手権大会(インカレ)で2年連続優勝

2001年から大学を休学し、スペイン・リーガASOBALのグラノジェルスに練習生として留学。世界学生選手権では、ベストセブンと得点ランキング2位に輝きます。

2年後に帰国した後は大学を中退し、日本ハンドボールリーグの大崎電気工業に加入します。

最優秀殊勲賞、ベストセブン、最優秀選手賞、新人王、新人賞など、賞を総なめにします。

2008年の北京オリンピック予選では、最終予選で敗退。

2009年からスペインリーグ1部のCBアルコベンダスと契約します。

2010年6月に大崎電気工業に復帰した後は、2019年3月12日まで所属していました。

その後日本体育大学の3年生として再入学し、ハンドボール部に所属。

2020年東京オリンピックでの活躍が期待されています。

 

嫁が怖い恐妻家だった宮崎大輔選手

2005年に3歳年上のいづみさんと結婚。宮崎大輔さんが24歳の時でした。

数多くの賞を取り、スペインリーグ1部のCBアルコベンダスへ移籍するなど、とどまることを知らない宮崎大輔さんの活躍は奥さんと結婚してからのことだったのですね。

でも結婚当初は宮崎大輔さんは奥さんのことが怖かったそう。2010年に行列のできる法律相談所に出演した時に話していましたが、奥さんが女性からのメールを見つけたときには、3時間以上にもわたって冷静かつ淡々と問い詰められたんだとか。

新婚当初は相手のことが気になって、根掘り葉掘り質問したくなることもありますよね(笑)

宮崎大輔さんは結婚してもう15年近く経ちますが、今でも奥さんから女性に関する話を責められるようなことはあるのでしょうか?

子供は娘が2人

宮崎大輔さんは娘が2人います。

長女の優里(ゆうり)ちゃんは2005年9月生まれ。

次女の珠里(じゅり)ちゃんは2013年10月12日生まれ。

2019年には14歳と6歳になっていますね。

姉に頭が上がらない宮崎大輔選手


お姉さんの名前は宮崎梨奈(りな)さん。小学校のころからスポーツがとても上手で、小中学校時代はハンドボールの全国大会で優勝するほどの腕前。宮崎大輔さんがハンドボールを始めたのは、お姉さんがハンドボールをしていたことに影響を受けてのことでした。

高校卒業後は学校の先生になって子供たちにハンドボールを教えたいと考えていたお姉さん。しかし、高校3年でインターハイ3位になったお姉さんは大学進学をあきらめ、自衛隊に行くことに。

理由は、両親が離婚して家計が苦しくなったことでした。母親は仕事を掛け持ちして頑張って働きましたが、給食費を3カ月滞納するほどの困窮ぶり。お姉さんは、宮崎大輔さんが大学進学しハンドボールを続けるために、自衛隊への道を選んだのでした。

2014年のテレビ番組で宮崎大輔さんは、お姉さんが「自衛隊に行って僕らにお金を送ってくれていたのも知っています」と明かし、感謝の気持ちを示していました。

涙ながらに「凄く、我慢させてしまったのかなと思う。本当は大学に行きたかったのかなと…」「ハンドボールという素晴らしいスポーツに僕を導いてくれて本当にありがとう」と語り、「姉ちゃんをオリンピックに連れて行くまではしっかりハンドボールをやっていきたいと思っています」と決意を示していました。

お姉さんが宮崎大輔さんにハンドボールを教え、自分を犠牲にしてまでも宮崎大輔さんにハンドボールを続けられるようにしてくれたなんて、とても感動的です。

2020年のオリンピックにハンドボール日本代表チームは出場します。

お姉さんの気持ちに応えられるように、宮崎大輔さんにはオリンピックで活躍していただきたいですね。

スポンサーリンク

宮崎大輔選手の収入は高い

宮崎大輔さんが長年所属していた大崎オーソルは、東証一部上場企業である大崎電気工業のハンドボール部。大崎電気工業から給料が支給されるため、一般的なサラリーマン程度の収入は保証されそうです。数百万円から千数百万円程度でしょうか。

日本ではハンドボール選手は、ゴルフや野球選手のような高収入ではありません。

しかし海外ではハンドボールのトップ選手は10億円を超える収入がある地域があります。宮崎大輔さんがいたスペインもその地域の一つ。2017年のスペインのハンドボール選手で最も高収入だったのは、宮崎大輔さんが留学していたLiga ASOBALのフィリップ・ジシャ選手で年収6億円

宮崎大輔さんは2009年から2010年にかけてスペインの一部リーグに所属していました。その期間は収入が多かった可能性はありますが、期間が1年とあまり長くはありませんでした。

宮崎大輔さんはメディアへの露出が多いため、ハンドボール以外の収入も多いはずですね。

車はカイエン

宮崎大輔さんの愛車はポルシェのカイエン。新車価格は1000万円から2000万円という超高級車です。

もう長い間ポルシェを乗り継いでいて、すでに4台目。テレビ出演や講演も多い宮崎大輔さんですから、収入は多いようですね。

スポンサーリンク

まとめ

38歳になっても大学に再入学し、ハンドボールチームの学生を引っ張っている宮崎大輔さん。家族のサポートなしでは、ここまで来ることはできなかったようです。

芸能人のような人気を誇っていますが、ハンドボールの実力はホンモノ。

東京オリンピックでハンドボールが盛り上がるように、これからも応援したいですね。

コメント