エクスデロ競飛王が水戸で試合後にも2得点?夜遊びが過ぎて嫁激怒?

スポーツ
スポンサーリンク

天皇杯2回戦は7月3日 (水)、ケーズデンキスタジアム水戸で水戸ホーリーホック vs 京都サンガF.C.の試合が行われ、1-0で水戸が勝利しました。

京都サンガF.C.所属のエスクデロ競飛王が2ゴールを決めたと話題になっています。

京都サンガF.C.は水戸ホーリーホックに負けたにもかかわらず、エクスデロ選手が2ゴールを決めたというのはどういうことなのでしょうか?

エクスデロ競飛王が水戸で試合後に2得点?夜遊びが過ぎて嫁激怒?


エクスデロ選手で盛り上がっています。

この盛り上がりの原因は、7月3日の水戸での試合の後のエクスデロ選手の行動にありました。

試合の後に○○を呼んでいた?

エスクデロ選手は天皇杯の試合の後に遠征先のホテルに特別なサービスをする人を呼んでいたらしいのです。

特別なサービスする人をホテルに呼ぶことは試合の後のことなので個人の自由かもしれませんが、あまりバレたくないことかもしれません。

それにしても、なぜバレたのでしょうか?

嬢が感謝のメッセージを書いていた

特別なサービスする人は律義にも(?)サービス利用に対する感謝のメッセージを掲示板に投稿していました。

メッセージにエスクデロ選手の名前は書いていませんが、エクスデロ選手ではないかと思わせるような情報を書いていたのです。

場所はプレジデントホテル
スペインの方

普段京都に住んでいる
プロサッカー選手
日本語がペラペラ

メッセージはすでに掲示板からは消去されていますが、ツイッターにスクショを残している人がいました。

ちょっと内容がアレなので、気分を害される方は見ないほうが良いかもしれませんw

 

感謝のメッセージ①

感謝のメッセージ②

 

エクスデロ選手に対する同情の声が集まる

こういうサービスを使うことは違法ではないので誰にも責められることではありません。

でも、あまり公言したくないことかもしれませんね。

特に、奥さんはとても嫌な気分になるはずです。

エクスデロ競飛王プロフィール

エスクデロ競飛王(せるひお)選手は1988年生まれです。

父親は浦和レッドダイヤモンズで活躍していたセルヒオ・エクスデロさん。

2005年、16歳7ヶ月でユースに所属していたエクスデロ選手はトップチームに登録されます。ナビスコカップ第3節、対アルビレックス新潟戦において16歳8ヶ月21日でJリーグ公式戦デビュー。

2006年、のナビスコ杯・FC東京戦でJリーグ初ゴールをはたします。

2007年、日本国籍を取得。エスクデロ競飛王(せるひお)となります。

2008年、フランスで行われたトゥーロン国際大会に向けたU-23日本代表に初選出された。

2009年、浦和加入後最多となる公式戦30試合に出場。

2011年、11月26日のアビスパ福岡戦の前半に相手GKと接触した際に負傷し途中交代、左半膜様筋損傷と診断。以降全ての公式戦を欠場しました。

2012年、シーズン終了後の同年12月にFCソウルに完全移籍した。

2015年、中国サッカー・スーパーリーグの江蘇へ移籍。

2016年、中国サッカー・スーパーリーグの江蘇と契約解除し、京都サンガF.C.へ加入。

2018年、期限付き移籍により蔚山現代FCへ加入(12月31日まで)

まとめ

エクスデロ選手は本当に特別なサービスをする人をホテルに呼んでしまったのでしょうか?

京都に住んでいる日本語が上手なスペイン人で、7月3日にたまたま水戸にいたエクスデロ選手以外のプロサッカー選手がいるかと言われると、、、いないのかもしれませんね。

サッカーをやる以上、ピッチ以外での行動が重要だと語っていたエスクデロ選手。この発言がブーメランのようにご自身に戻ってこないことを祈ります。

スポーツ
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント