大坂なおみ世界ランク1位陥落理由!アシュリーバーティ試合動画がヤバイ!

スポーツ
スポンサーリンク

大坂なおみ選手の世界ランキングが1位から陥落し、2位になってしまいました。

世界ランキング1位の大坂なおみ選手はバーミンガム・クラシックで6月20日にカザフスタンのプチンツェワ選手に敗れていましたが、世界ランキング2位のオーストラリアのアシュリー・バーティ選手が6月23日、ドイツのユリア・ゲルゲス選手を下して優勝し、世界ランキングの順位に変化が生じたものです。

そんな、新たに世界ランキング1位となる、アシュリー・バーティ選手の試合はどんなものだったのでしょうか?

大坂なおみ選手の新しいランキングと合わせて観てみましょう。

アシュリー・バーティとユリア・ゲルゲスの試合動画

昨日
決勝·アン・ジョーンズ ・コート
終了
8 J. ゲルゲス
3
5
2 A. バーティ
6
7
ユリア・ゲルゲス
アシュリー・バーティ
7 エース 9
5 ダブルフォルト 1
66% ファースト サーブ率 61%
73% ファースト サーブ得点率 79%
48% セカンドサーブ得点率 50%
1/4
ブレイク ポイント
3/7
0 タイブレイク勝利数 0
24 リターンゲーム得点数 27
64 ポイント 75
8 ゲーム獲得数 13
3 連続獲得ゲーム数 3
5 連続獲得ポイント数 6
40 サービス ポイント率 48
7 サービスゲーム獲得数 10

出典:Google

マッチポイントは動画の6:00から。

最後はゲルゲス選手がバーティ選手のサービスをうまく返せず、バーティ選手の勝利が決定します。

 

アシュリー・バーティ選手がバーミンガム・クラシックの決勝で戦ったのはユリア・ゲルゲス選手。バーティ選手は第2シード、ゲルゲス選手は第8シードでした。

子供のころから1位になることを夢見ていたアシュリー・バーティ選手。10位以内に入ることを目標としてきた今年、1位になったことは信じられないと語っています。

ちなみに、オーストラリア人女性で世界ランキング1位になったのは、イボンヌ・グーラゴングが43年前に達成して以来の快挙です。

ジュニアウインブルドンでチャンピオンだったバーティ選手。2014年の終わりからテニスを離れます。

理由はメンタル面。2年後の2016年にテニスに戻るまでの間、ビッグバッシュクリケットをしていたそう。


そんなバーティ選手は今年初めて世界ランクトップ10に入り、6月には46年ぶりにオーストラリア人女性として初めて全仏オープンで勝利していました。

2016年からの3年間におけるアシュリー・バーティ選手の成長はとても著しいものがあったと評価されています。テニスの技術に加えて、控えめで尊敬される性質が素晴らしいと言われています。

大坂なおみが世界ランク1位から陥落

アシュリー・バーティ選手がバーミンガム・クラシックで優勝し、大坂なおみ選手は2回戦敗退したことから順位が入れ替わります。大坂なおみ選手は21週間の間世界ランク1位を維持してきました。

最新版世界ランキング

最新版の女子シングルス世界ランキングでは、アシュリー・バーティ選手が6540点で1位、大坂なおみ選手が6377点で2位となる予定です。

現在世界ランク3位のチェコのカロリーナ・プリコスバ選手のポイントは5685点で、大坂なおみ選手が2位になってもまだ少しポイントに差がある状態です。

最新版の世界ランクは6月24日に発表される予定となっています。

大坂なおみ選手世界ランク1位陥落に対するネットの声

まとめ

大坂なおみ選手の世界ランキング1位からの陥落は残念でした。でも、新たに世界ランキング1位になるアシュリー・バーティ選手が精神的な困難をクリケット選手に転向しながら乗り越えて勝利をつかんだことは胸を熱くします。

新しい世界ランキング1位のアシュリー・バーティ選手と、再度世界ランキング1位を目指す大坂なおみ選手と、両方の活躍に注目していきたいと思います。

スポーツ
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント