タイガーウッズの大統領自由勲章スピーチ全文を日本語訳してみた!

スポーツ
Pezibear / Pixabay
スポンサーリンク

5月6日、タイガーウッズが大統領自由勲章を受章しました。大統領自由勲章は米国民に与えられる最高位の勲章だそうです。

2019年、11年ぶりにメジャー選手権で優勝したタイガーウッズのカムバックは感動的でした。

1997年のマスターズから2008年まで、14回もの優勝を重ねていたタイガーウッズ。しかし、2009年以降は第一線から外れ、薬物、女性問題、離婚、矯正施設入りなど、プライベートに問題を抱えます。

一時はカムバックは絶望的だと思われていました。しかし、タイガーウッズはあきらめずに再起に向けて努力をし続けていたのです。

そんなタイガーウッズのことをトランプ大統領は、「アメリカンスピリットを体現している」と評しています。タイガーウッズの大統領自由勲章の受章スピーチをご覧ください!

タイガーウッズの大統領自由勲章スピーチ全文の日本語訳!

トランプ大統領、ありがとうございます。

(会場から盛大な拍手)

ありがとうございます。

(大統領自由勲章をいただいたことは)信じられない経験です。周囲の人からこれまでにいただいたご支援がなければ今この場にいることはなかったでしょう。一部の人は私の人生すべてにおいて、一部の人は私の人生の半分以上において、いいときも悪いときも、サポートしてくれました。

97年にマスターズで優勝したあとは、父と母と抱き合って喜びました。父はもうここにはいません。母はここにいます。ありがとう、母さん。

(タイガー涙ぐむ)

(会場から拍手)

サムとチャーリーには感謝しています。愛しています。エリカありがとう。全ての人が私の人生にとってとても大切なものです。

私はあきらめずに頑張ろうと、カムバックしようと、もう一度素晴らしいゴルフをしようと挑戦し続けました。幸いなことにそのチャンスがやってきたのです。数週間前のマスターズでの信じられない経験は、明らかに私がゴルフ人生で成し遂げた最高の瞬間でした。ビリーがあらわれて、ジョエイありがとう、いつも上手に芝目を読んでくれて。

(笑い声)

あらためて、ありがとうございますと言わせてください。大統領自由勲章を受章する4番目のゴルファーであることはとても誇りです。アーノルドパーマー、帝王ジャックニクラウス、そして私はいつも祖父と呼んでいるチャーリーシフォードにとても近づくことができたからです。私の子供の名前のチャーリーはチャーリーシフォードから取っています。だから、チャーリーシフォードの次に私が受章者に選ばれたことは驚くべきことです。

ありがとうございます、大統領。

 

スポーツ
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント