ios13.3アップデートの不具合報告は?導入は様子見が吉か?

スポンサーリンク
科学技術

ios13.3がリリースされました。

AirDropで周囲のデバイスを使用不能にする攻撃に対応したということですが、最新のOSだからといってむやみやたらに飛びつくと、これまでに使えたアプリが使えなくなったりと、不便なことになる可能性も。

既にアップデートを済ませた人の意見を聞いてから、自分のiPhoneのアップデートをするのが安全です。

iOS13.3にアップデートした人の声を見て行きましょう。

スポンサーリンク

アップデートに失敗した人の声

やっぱりアップデートした結果、iPhoneの動作が不安定になる症状が出た人がいますね。

最新のアップデートの導入には注意が必要です。

もしiOSのアップデートによってiPhoneの動作が不安定になった場合は、数日でAppleが新しいアップデートを発表します。数日様子見をして、新しいiOSアップデートの発表がない場合に導入するのがよさそうです。

スポンサーリンク

アップデートの様子を見るという人の声

iOSがアップデートされた結果、それまで順調に動作していたアプリが動作不良になることがあります。

iOSアップデートでアプリの動作が不安定になった場合、しばらくするとアプリのアップデートが発表されることが多いです。しかし、いつも使っているアプリが使えなくなるのはとても不便です。

スポンサーリンク

アップデートがうまくいった人の声

ほとんどの人にとっては不具合が発生することはなさそうです。

しかし、一部のiPhoneではiOS13.3にアップデートしたことで不具合のような現象が起きています。

急いでアップデートをする理由のない人は、慌てずにしばらく待ってからアップデートするようにしましょう。

スポンサーリンク

iOS13.3アップデートまとめ

最近はiOSのアップデートが多いですね。

アップデートは機能の修正や改善のためになされるのですが、アップデートをしたせいで不具合が起こることもしばしばあります。

「アップデートの不具合」を修正するための「アップデート」が発表されることもありますからね。

どうしても緊急で修正したい不具合がある場合を除いて、アップデートは発表されてからしばらく時間が経ち、安定して動作していることを確認できたから実施するのが安全です。

 

コメント