高校生がオークション販売したウラン?入手やイエローケーキ製錬の方法は?

科学技術
geralt / Pixabay
スポンサーリンク

東京都内在住の16歳の男子高校生がインターネットオークションでウラン売買に関与していたそうです。この男子高校生は4月8日にETNを製造所持の火薬類取締法違反(無許可製造など)疑いで書類送検されたばかり。

2016年に高性能爆発物を自宅で製造したとして逮捕・起訴され、今は服役中の名古屋の元大学生の捜査からこの男子高校生が見つかったそうです。

この男子高校生は、ヤフオク!などに「ウラン99.9%」「イエローケーキ」などと称した放射性物質を出品していたとされています。

 

ウランとは?

By https://web.archive.org/web/20050829231403/http://web.em.doe.gov/takstock/phochp3a.html, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2287275

ウランの一種であるウラン235は原子力発電に用いられます。

 

地球上に天然に大量に存在している元素の中で最も原子量が大きく、重い元素です。1立方センチメートルあたり19グラムの重さで、水の19倍の重さがあります。

地球上では安定して存在できず、崩壊しつづけます。原子力発電に用いられるウラン235は約7億380万年で半分が崩壊しトリウム231になります。この時に放射能を放出します

ウランは水銀などの重金属と同様に、体内に取り込まれると化学的な毒性を持ちます。また、ウランは放射能を放出するため内部被ばくの原因になるので摂取してはいけません。

ウランはどこで入手できる?

周りの土の中や海水中にごく微量に含まれています。自然界にも存在しますが、ごく微量なので問題はありません

多くのウランが埋蔵されている「ウラン鉱山」はオーストラリアのオリンピックダム鉱山、カナダのアサバスカ堆積盆地が有名です。日本では岡山県・鳥取県の人形峠にウランが埋蔵されていますが、量が少なく閉山されています。

ウラン鉱石の標本はヤフオクに出品されていることがあります。

出典:ヤフオク

高校生がオークション販売したイエローケーキとは?

パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=241759

採掘されたウラン鉱石はそのままではウラン濃度が低く原子力発電に使えません。

原子力発電に用いるには最終的に「濃縮ウラン」と呼ばれる濃度の高いウランを精製しますが、その前に「イエローケーキ」と呼ばれる中間段階にまでウランを製錬し、純度を高めます。

「イエローケーキ」を製錬するには、採掘されたウラン鉱石を粉砕し、硫酸や重曹を使ってウラン鉱石の中のウランを溶かしだします。ウランが溶け出た液体をろ過し乾燥させることですることで純度の高い「イエローケーキ」が製錬されます。

ウラン鉱石を入手すれば、硫酸や重曹など比較的入手が容易な薬品を使って「イエローケーキ」を作成できるといえるでしょう。

原子力発電に用いる場合は、この「イエローケーキ」をウラン濃縮工場で遠心分離やガス拡散などを用いて濃縮し、さらに濃度の高い「濃縮ウラン」を製造します。

原子力発電に用いるレベルの「高濃度ウラン」は遠心分離機などの高精度な機械が必要になるので、作るのは難しいでしょう。

まとめ:ウランを製錬することはできるが体に害がある

ウランは自然界にも存在していて普段の生活では全く問題のない濃度のウランにしか触れていないですが、製錬し濃度を高めたものに触れると体に害があります。ウランを製錬した男子高校生はその知識や技術をより良いことに使っていただけるとありがたいです!

科学技術
スポンサーリンク

関連記事

ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント