使い捨てマスクの代わりに!キッチンペーパーマスクの簡単な作り方!

スポンサーリンク
お得・DIY

新型コロナウイルスの流行に伴って、使い捨てマスクの売り切れが問題になっています。しばらくの間は需要が高いことが予想され、使い捨てマスクがどうしても手に入らないこともありそう。

そこで、簡単に使い捨て出来るマスクをキッチンペーパーで作る方法をご紹介します!

 

スポンサーリンク

キッチンペーパーで使い捨てマスクを作る簡単な方法!

目標の姿は市販の使い捨てマスク

これからキッチンペーパーを使って使い捨てマスクを作ります。

目標はこのようなタイプのプリーツの入った使い捨てマスクです。

キッチンペーパーで作る使い捨てマスクの材料

キッチンペーパーマスクの材料
キッチンペーパー 1枚
ホッチキス 2本
セロテープ 20㎝程
輪ゴム(ゴム紐で代用するとより良い)

キッチンペーパーはよくあるロールタイプのものを1枚使いました。

使い捨てマスクの折り方

キッチンペーパーを1枚用意します。これから12等分に折っていきます。

これがとりあえずの目標の姿です。最初に半分に折って、次に3等分し、また半分に折ることで12等分を作ります。

 

始めに半分に折ります。

 

さらに3つに折ります。

 

残りも折って、合計6つに折れた状態です。

 

 

さらに半分にして、12分割にします。

 

広げたところ。12等分になっているのが分かります。

 

プリーツを作ります。

 

12分割にした線を使って、3本のプリーツを作成します。マスクの上側を広めに作ると鼻のフィット感が高まります。

 

両端をセロテープで留めます。

 

セロテープの飛び出た部分を切り取ってすっきりしました。

 

耳を通す輪ゴムを用意して、ホッチキスで固定します。

輪ゴムではなく、白いゴム紐を使えばより市販の使い捨てマスクに似せられますね。

 

 

プリーツを広げるとマスクの様に見えますね!

 

反対から見たマスクです。

 

このマスクの特徴は、マスクの両端が開いているため顔へのフィット感が高いこと。

プリーツを上下に開いて調整すれば、かなりのフィット感を楽しめます。

 

キッチンペーパーは手軽に入手が可能ですし、必要な材料もセロテープやホッチキス、輪ゴムなど家にあるものばかり。

いつでもすぐに簡単に作れますので、マスクが売り切れていても安心です。

お好みでフィット感を高める工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

マスクの効果を高める方法

マスクの効果を高めるにはマスクにも使える除菌スプレーが有効です。

キッチンペーパーマスクや、お手持ちのマスクにも試してみてはいかがでしょうか?

ウイルス対策 日本製 マスク以外の対策 携帯除菌スプレー 除菌剤 安定化次亜塩素酸水 携帯用ボトル付き OXミスト 1L スプレーボトル 50PPM ノンアルコール frp01

 

もしよろしければこちらの記事もどうぞ。

マスクのほかにも売切れが増えています。買い忘れたものはありませんか?

コメント