木下章広の気持ち悪い物色メールと言い訳!富山市議ストーカーで変態?

政治家
スポンサーリンク

富山市議会の木下章広市議が、夜間に無断で市議会事務局に侵入し、女性職員の机を物色していたことがバレて謝罪しています。

市民を代表する市議会議員が、女性職員の机を物色するために夜間に無断で侵入するなんて考えられないことですが、どうやら本当のことのようです。

興味本位でやったと答えている木下章広議員、いったいどんなことをしたのでしょうか?

下章広の気持ち悪い物色と言い訳!富山市議ストーカーで変態?

土下座までした謝罪した木下章広富山市議会議員。

木下章広議員の行動が気持ち悪いという声が多く見られます。

どんな行為をしていたのか、見て行きましょう。

女性の持ち物を物色するのは子供のころからだった?

木下章広富山市議会議員は6月25日の夜、市議会事務局のオフィスに進入しました。

富山市議会事務局は富山市役所の中にあります。

議会事務局などによると、木下議員は6月25日午後7時半ごろ、議会事務局の執務室に侵入し、女性職員の机を物色しているところを女性職員本人が目撃したということです。

物色されていた女性職員はショックだったでしょうね。勝手に机を開けて、自分のものを見られていたのですから。木下議員が物色しているのを見つけたときに、声をかけるのも怖かったかもしれません。

木下章広市議会議員はこの女性職員以外の複数の職員の机や書類を以前から物色をしていたと認めています。

気になる女性のプライベートをのぞき見したくなる性格なのでしょうか?いくら興味を持ったからと言って、机のなかを勝手に開けていろんなものを触ってはいけないことくらい、わからないのでしょうか?

物色の言い訳が人のせいでヒドイ!

また、その言い訳がヒドイのでした。

自分でプライバシーを侵害する行為をしておきながら、叱ってくれる人がいないことを理由にしている木下議員。こんな言い訳を誰が納得して聞くと思っているのでしょうか?

小学生のころから女性の持ち物を物色をしていたという声も。昔の話は水に流したとしても、市議会議員になってもでも続けているというのは、議員としての適性はありません。

ショートメッセージを女性職員に送り続け事務局から注意されていた

物色以外にも、2017年5月ごろから2018年6月にかけて、複数の女性職員の携帯電話に私的なショートメッセージを送り、議会事務局からやめるよう注意を受けていました。

そのショートメッセージの内容は日記のような内容だったといいます。女性職員は全く興味がなかったのでしょう。

周囲から注意されるほどショートメッセージを送り続けていたというのは、ストーカーのようだと言われても仕方がないかもしれません。

市議会議員という立場上、市議会事務局の職員の携帯電話番号を教えてもらったんでしょうね。

相手のことが気になって、注意されるまで日記のような内容のショートメッセージを送り続けるのは、公の仕事に就くのに適性がないですね。

女性職員のいる市役所をFacebookのカバー写真にしていた

木下章広議員は2017年12月にご自身のFacebookのカバー写真を富山市議会事務局のある富山市役所の写真に変更しています。

木下議員が私的なメールを送り続けていたのは、2017年5月ごろから2018年6月とされていて、ちょうどそのころにFacebookのカバー写真を富山市役所に変更しているのです。

私的なメールを送った、机を物色した相手の女性がいる、富山市役所の建物だったからFacebookのカバー写真に使ったのでしょうか。

そう考えると、木下章広議員の女性職員に対する強すぎる思いを感じてしまいますが、いかがでしょうか。

出典:木下章広議員Facebook

 

木下章広議員のプロフィール

出典:木下章広議員Facebook

名前:木下章広
誕生日:1982年7月7日

木下章広市議は、2016年11月から富山市議会議員を務めています。

市議会議員になる前は、千代田区の日本郵便株式会社で勤めていました。

2001年に富山中部高校を卒業後、富山大学に進学しています。

木下彰浩の変態土下座物色に対する声

富山市議木下章広がストーカーで変態?物色とSMSが気持ち悪い

富山市議会議員の木下章広議員の女性職員の机を物色し、一方的にショートメッセージを送り続けていた件で、土下座して謝罪しました。

物色はプライバシーの侵害ですし、議員と議会事務局職員という力関係を使ったハラスメントは市民を代表する議員としての適性がないとしか言いようがありません。

公の職である議員は辞任されて、やり直していただきたいと思います。

 

政治家
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント