台風19号2019気象庁緊急会見!11日までに準備は何が必要?

ニュース
スポンサーリンク

大型で猛烈な台風19号が日本列島に接近しています。

注意が必要なのは10月12日、13日と予想されています。

9月に台風15号が千葉県などに甚大な被害をもたらしたばかりで、とても不安ですね。

気象庁はこの大型で猛烈な台風19号に対する備えをするよう、緊急会見を行いました。

台風19号2019緊急会見の内容は?

台風第19号に早めの備えを!(10月9日)

 台風第19号は、非常に強い勢力を保ったまま、12日から13日にかけて、西日本から東日本に接近または上陸するおそれがあります。その後、台風は速度を上げながら北日本に進む見込みです。

 台風の予報にはまだ幅がありますが、台風は大型のため、広い範囲で大きな影響を受けるおそれがあります。

 台風がかなり接近する地域では、台風第15号や昨年の台風第21号と同程度の暴風被害が発生するおそれがあります。また、地域によっては高波や大雨、高潮のおそれもあります。11日(金)までに暴風等に備えるようお願いいたします。

 各地の気象台の発表する早期注意情報や警報・注意報、台風情報など気象情報に留意するとともに、自分の命、大切な人の命を守るため、早めの対策をお願いします。

 今後の予想を含めた最新の情報は地元の気象台が発表した気象情報をご利用ください。

 

台風接近3日前に緊急会見を開くのは異例のことだといわれています。

昨年の台風21号の関西での被害や、今年の台風15号の千葉での被害は甚大でした。

被害を軽減するためには、できるだけ多くの人が早めに台風に対する備えをしておくことが少しでも被害を軽減することに必要だと考えられます。

気象庁は被害を少しでも軽減するために、早めの準備を呼びかけています。

呼びかけることで、とにかく、今回の台風に対して準備をしてほしいと言っています。

10月11日までに必須の台風への備えは?


日本を直撃すると言っても過言ではない今回の大型で猛烈な台風19号。

被害を少しでも軽減するために、事前の備えをしておきましょう!

3つの満タン

  • スマホ、バッテリー、バッテリー式家電製品などを充電しておく。
  • バスタブに水を張っておく。
  • 自動車のガソリンを満タンにしておく。

ガソリンスタンドは台風接近直前になると混雑が予想されるので、早めに給油してください。

気象庁のアカウントをフォローする

気象庁はツイッターを使って積極的に台風19号に関する情報を発信すると言っています。

フォローしておけば安心ですね!

気象庁防災情報はこちら

 

職場を休みにする

会社やお店で働いている人は、仕事があれば行かなければなりません。

台風が来ても仕事を休むかどうかを自分で決めることは難しいのが実情です。

仕事を休みにする権限をお持ちの方は、台風の状況に応じて積極的に仕事を休みにするよう、配慮をお願いいたします!

 

ブレーカーの位置を確認しておく

落雷や浸水などで停電した場合、電力復帰後の二次災害を避けるためにブレーカーを切りましょう。

ブレーカーの位置を事前に把握しておくと安心ですね。

 

ニュース
スポンサーリンク

関連記事

ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント