セブンペイ(7pay)はいつまでに使う必要が?残高の返金方法は?

ニュース
出典:セブンイレブンホームページ
スポンサーリンク

セブンペイが9月末でサービスを終了すると発表しました。

7月1日に鳴り物入りで開始されたセブンイレブンのキャッシュレス決済サービスセブンペイ。わずか1か月後の8月1日にサービスを終了すると発表することになりました。

セブンペイはプリペイド型のキャッシュレス決済サービスなので、チャージした残高が戻ってくるのかが気になるところ。

セブンペイの残高は戻ってくるのでしょうか?残高はいつまで使えるのでしょうか?

セブンペイ(7pay)はいつまで使える?残高の返金方法は?

7月1日のサービス開始直後からトラブルに見舞われていたセブンペイ。

翌日の7月2日には海外IPアドレスからアクセスが発生し、身に覚えのない取引があったとセブンペイに問い合わせがありました。

7月3日にはセブン&アイホールディングスが不正利用を把握。海外からのアクセスを遮断したり、不正利用対応のサポートセンターを設置したりするなどの対応を取り始めます。

7月4日にはセブンペイへの全てのチャージおよび、新規登録が一時停止されます。

2019年7月29日現在、セブンペイに認定されている被害者数は807人、被害総額は3860万5335円にも及んでいます。

サービス開始からたったの4日でこれだけの被害が出たことに、セキュリティがいかに重要であるかを改めて確認することになりました。

7月末には、指摘されていたセキュリティの甘さに対応するために全ユーザーのパスワードをリセットしたことで、残高が消えるという、新たな問題が発生するなどトラブルが絶えませんでした。

 

セブンペイはいつまで使える?

セブンペイは9月30日で終了することが決定しています。

すでにチャージ済みの残高については9月30日までの間は店舗で使用が可能です。

急なメンテナンスが発生してセブンペイが使えなくなる可能性は否定できませんが。。。

7月4日以降、新規会員登録、新規チャージは停止しています。

セブンペイの残高のある人は、ぜひお近くのセブンイレブンで使ってみてはいかがでしょうか?

セブンペイ残高の返金方法は?

9月末でサービスを終了し、10月1日以降、残高が残っている利用者には返金対応する。

引用:日本経済新聞

セブンペイのチャージ残高がある方は、10月1日以降に返金してもらえるそうです。

現時点では返金方法についての詳しい説明はありません。

サービス停止を決めてから、返金対応までに2か月間もかかるのは長いように感じます。

既に入金済みのチャージ残高については9月末までセブンイレブンなどのお店で使うことができるようなので、セブンイレブンで買い物をするときに使うのもよいかもしれません。

でも、不正利用されないか心配になるかもしれませんね。

 

残高が消滅した人もいる?

セブンペイは7月30日に全利用者のパスワードの一斉リセットを行っていました。

これは、不正アクセスへの対応が目的でしたが、一斉リセット後にチャージ残高がゼロになり、バッジやクーポンが消えてしまうという人が多発しました。

この件については、原因が明らかになっています。

原因は、パスワードリセット時に、気づかないうちに新規会員登録をしてしまっていたことでした。

まとめ:セブンペイ(7pay)はいつまで使える?残高の返金方法は?

颯爽と現れて、瞬く間に終了していくセブンペイ。セブンペイは9月末まで利用が可能です。

未使用のチャージ残高については、10月1日から返金に応じるとのこと。10月1日が待てない場合は、9月30日までにセブンイレブンで使用する方法があります。

セブンイレブンはセブンペイの開発に142億円もの投資をしたそうです。セキュリティをおろそかにすると142億円を一瞬のうちに失ってしまうのですね。

 

ニュース
スポンサーリンク

関連記事

ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント