なぜ川崎市26歳男・平聖也は妻・楓吹を殺害?両脚切断後海に捨て出頭?

ニュース
flo222 / Pixabay
スポンサーリンク

平塚市高浜台の海岸で両脚を切断された遺体が発見された事件で、川崎市宮前区神木本町に住む平聖也容疑者(26)が逮捕されました。遺体は妻の(ふぶき)さん(26)と判明しています。

猟奇的としか言いようがない今回の事件。

平聖也容疑者は妻の楓吹(ふぶき)さんを、

なぜ殺害し、なぜ切断し、なぜ海に捨てたのか、

見て行きたいと思います。

なぜ川崎市の26歳男平聖也は妻の楓吹を殺害したか?

 神奈川県平塚市の海岸で27日、両脚が切断された女性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは28日、死体遺棄容疑で会社員の平聖也容疑者(26)=川崎市宮前区=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、27日午前2時15分ごろ、平塚市高浜台の海中で、妻の楓吹さん(26)の遺体を遺棄した疑い。

平容疑者は27日夜、川崎市内の警察署に出頭。調べに対し、遺体をスーツケースに入れて運んだと供述しているという。

出典:時事通信社

6月26日に平聖也容疑者は妻の楓吹(ふぶき)さんの首を絞めて殺害しました。

犯行の動機についてテレ朝Newsは、

上から目線に耐えられなくなった

と平聖也容疑者の動機を説明しています。また、TBS NEWSは

妻の他人を見るような目に耐え切れなかった

とのコメントを紹介しています。

平聖也容疑者が妻に対して「上から目線」で見られているように感じ始めたのは最近のことではないでしょう。以前から、「上から目線」で見られているように感じていて、それが嫌だと思っていたのだと考えられます。

今まではその「嫌な気持ち」を我慢してきたのかもしれません。

もともと、殺害しようと思っていたのではなかったのかもしれません。なぜなら、その後の行動が行き当たりばったりで計画性がないように見えるからです。

なぜ両脚切断した遺体を海に捨てて出頭したか?

妻である楓吹さんに対する「嫌な気持ち」を我慢しているうちに大きな感情に育ってしまい、ついカッとなって首を締めて殺害してしまったのかもしれません。

読売新聞オンラインの報道によると、平容疑者は、

妻の遺体の両脚を切断してスーツケースに入れて運び、平塚の海に捨てた

と話しているとのこと。

平聖也容疑者は会社員であると報道されています。医者でなければ、両足を切断するのは大変でしょう。スーツケースに遺体が入らないから急遽両足を切断したのでしょうか。計画的な犯行であれば、こんな証拠の残るような行動はしないはず。

また、計画的に殺害しようとしていたのであれば、海岸に遺体を遺棄しないでしょう。海岸から遺体を遺棄すると、波で打ち上げられて誰かに発見されることはわかるはず。また、遺体遺棄現場を誰かに目撃されてしまうかもしれません。

平聖也容疑者は26日の夜に妻である楓吹さんと口論になり、ついかッとなってしまって首を絞めて殺害。慌てた平聖也容疑者は、どこかに遺体を捨てようととっさに考えてしまったのではないでしょうか。

遺体を海に捨てたのは27日の午前2時15分ころだと読売オンラインは伝えています。

平聖也容疑者の自宅のある川崎市宮前区神木本町から平塚市高浜台の海岸までは車で移動したのでしょう。

深夜だと高速道路を使って所要時間は1時間弱といったところで、日付の変わる12時ころに川崎市の自宅を出発したのではないでしょうか。

殺害後、遺体を切断したり車まで運んだり、車を運転したりして、平塚の海に到着するころにはかなり時間が経っていた。心が少し落ち着いてきて、徐々に自分がしていることに気づき始めたのかもしれません。

読売新聞オンラインの報道によると、

罪悪感に耐えきれず、出頭した

と供述しています。徐々に、自分の気持ちを振り返ることができるようになってきたのでしょう。このことからも、計画的ではなく、衝動的に殺害してしまったのではないかと推測されます。

まとめ

平塚市高浜台の海岸に遺棄されていた遺体の犯人が逮捕されました。犯人は妻である楓吹さんの「上から目線」に我慢が出来なかったといいます。

積もり積もった怒りが一気に爆発して起きてしまったと考えられる今回の事件。

怒りは少しずつ出したほうがいいのかもしれませんね。堆積しすぎると、やがてコントロールできないほどの大きな感情になってしまう前に。

ニュース
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント