カラテカ入江はどんな罪で逮捕される?宮迫・田村亮・矢部太郎は大丈夫?

ニュース
スポンサーリンク

お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さん(42)が「犯罪集団」の闇営業で吉本興業を解雇されることになりました。

カラテカの入江さんと言えば、芸能界や財界、スポーツ界などに幅広い人脈を持っていて、友達の数は5000人だとか。

犯罪集団の闇営業というなんとも恐ろしい理由での解雇ですが、どういう内容なのでしょうか?

警察に逮捕されることはあるのか、調べてみました。

犯罪集団の忘年会に宮迫・田村亮・HG・カラテカ入江が参加

「カラテカ」入江慎也が“犯罪集団”の闇営業で吉本興業を解雇

お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也が、所属する吉本興業から所属契約を解消された。

明日6月7日発売の『FRIDAY』が、振り込め詐欺集団の忘年会に入江のほか、宮迫博之や「ロンドンブーツ1号・2号」の田村亮などが参加していたことをスクープ。その仲介役が入江だった。

しかも、入江は吉本興業を通さない闇営業を行っていた模様。その行為に対し、所属事務所として、契約解除という厳しい処置を取ったようだ。

お笑いコンビ「カラテカ」は入江とマンガ『大家さんと僕』で注目された矢部太郎のコンビ。入江は“友達5000人芸人”と自称しており、芸能界だけでなく財界やスポーツ界など幅広い人脈をメディアなどでアピールしていた。

出典:FRIDAY DIGITAL

犯罪集団というのは「振り込め詐欺集団」のことですね。振り込め詐欺は電話やはがきで相手をだまして、金銭を振り込ませるもので、被害者は詐欺師に会うことなくお金を振り込んでしまいます。

2004年に命名された犯罪ですが、いまだに被害が絶えないとても悪質な犯罪です。

この「振り込め詐欺集団」が忘年会を開催していて、そこに芸能人を呼ぶのにカラテカの入江さんが窓口になったようです。

カラテカの入江さん経由で、吉本の大物芸人が何人も「振り込め詐欺集団」の忘年会に参加していました。

振り込め詐欺集団の忘年会に参加した芸能人
カラテカ入江さん
宮迫博之さん
「ロンドンブーツ1号・2号」の田村亮さん
ガリットチュウ福島さん
レイザーラモンHGさん

宮迫・田村亮・レイザーラモンHG・カラテカ入江はどんな罪で逮捕されるか?

「振り込め詐欺集団」との付き合いでは逮捕されない


過去に日本大学の77歳の名誉教授が指定暴力団の「山口組」から2000万円を借りていたことが発覚し、日本大学の非常勤講師の職を解雇されたことがあります。

日本大学が暴力団という反社会勢力との付き合いを容認できないという大学の判断でした。

カラテカの入江さんが解雇されたのも同じ理由ですね。吉本興業は反社会勢力を否定する会社です。過去には反社会勢力と付き合いのあった島田紳助さんが吉本興業を解雇されています。

しかし、大川一夫弁護士によると、

暴力団と個人的に付き合うことは違法行為ではない

とのこと。

ですので、反社会勢力である「振り込め詐欺集団」と付き合いがあったからと言って、カラテカ入江さんや宮迫さん、田村亮さんが逮捕されることはありません

闇営業による脱税で逮捕される可能性

吉本興業がカラテカの入江さんを解雇した理由は「闇営業」でした。

「闇営業」はタレントの所属会社が知らないところで仕事を受けてギャラをもらうことです。

カラテカの入江さんは自分の知り合いの「振り込め詐欺集団」の一員から忘年会に参加する仕事を得て、ギャラをもらっていました。

カラテカの入江さんら出席者が所属する吉本興業は、タレントのギャラの一部をもらうことで収入としています。いわゆるピンハネですね。所属タレントにとっては、吉本興業を通さずに仕事をすると収入が増えることになります。

しかし、吉本興業にとっては収入がなくなることになるので、所属タレントの闇営業は絶対に許せない行為なのです。だからカラテカの入江さんは吉本興業から解雇されたのですね。

タレントは闇営業で吉本興業を通さずにギャラをもらったとしても、所得税を払う必要があります。その場合、吉本興業は源泉徴収をしてくれないので自分で所得税を確定申告する必要があります。

しかし、ギャラを銀行振り込みではなく、現金でもらう場合、確定申告しなくてもばれないのではないかと考えて確定申告をしないことがあります。

これは脱税になります。

脱税は重罪です。所得税法違反または法人税法違反により、10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、または両方が科せられることになります。

吉本興業に所属している宮迫博之さん、「ロンドンブーツ1号・2号」の田村亮さん、ガリットチュウ福島さん、レイザーラモンHGさんらも出席しており、吉本興業を通さずにギャラをもらっていたようです。

きちんと確定申告がなされていて、脱税による逮捕がないように信じたいと思います。

芸能界にはびこる闇営業

2019年6月5日放送の「水曜日のダウンタウン」で、コロチキのナダルが闇営業に行っていることを明かしています。

焼肉店で藤本がナダルに「俺に言わなアカン事あるやろ」と問い詰めると、ナダルは特に無いとしたが、藤本がしつこく追求すると、悩んだ挙げ句に「闇営業ですか? いや闇営業はでもホンマにこれ食ってかなアカンから。よう行ってるっていうかそんな行ってないですけど、今度ゴールデンウィークに『ゴールデンウィーク闇』あります」と白状した。

藤本が「別に食っていけるやろ?」とたしなめると、「いやでもこんなん言いたくないですけど、キャベツ確認中の(キャプテン)ザコさんが言ってたんですよ。『闇って言うだろ。闇もやり続けてたら光に変わるんだ』って」と悪びれる様子もなく語った。

藤本が「闇とかすなってお前はもうテレビとか出てねんから」と口調を強めると「はい。すいません」と謝罪した。

出典:https://www.sanspo.com/geino/news/20190606/owa19060619090005-n1.html

ギャラを現金でもらえる仕事は確定申告しなくても、税金を払わなくてもばれないという考えが、一部の業界で根強く残っています。

サラリーマンなどの多くの仕事の場合、問答無用で税金を差し引かれています。

給料が少なくて食べていくのに困っているというのもわからなくはないですが、コロチキのナダルさんくらいテレビに出ている人だと本当にお金に困っているんだろうかと疑ってしまいます。

矢部太郎は大丈夫?

カラテカ入江さんの相方は「大家さんと僕」などの著書で知られる矢部太郎さんです。

今のところ、矢部太郎さんが「振り込め詐欺集団」の忘年会に参加していたという報道はありません。

ですので、警察に逮捕されたり、吉本興業から解雇されることはありません。

また、矢部太郎さんと入江慎也さんはコンビですが、それぞれ個人で活動しているので、すぐに矢部太郎さんの仕事に影響を及ぼすことは少ないと考えられます。

まとめ:宮迫、田村亮、HGらも脱税逮捕と吉本興業解雇の可能性

カラテカ入江さんが「振り込め詐欺集団」という闇組織の忘年会に他の芸能人を招待して参加していたことで、吉本興業を解雇されることになりました。しかしながら、反社会勢力との付き合いは違法行為ではなく、警察に逮捕されることはありません。

逮捕の可能性があるのは脱税です。これから厳しく国税局から脱税について取り調べを受けることになるでしょう。悪質な場合は逮捕の可能性がでてきます。脱税で逮捕された場合、吉本興業の解雇は免れないでしょう。

他の出席者や相方の矢部太郎さんは、どんな影響が及ぶか、ひやひやしているかもしれませんね。今後の続報を待ちたいと思います。

ニュース
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント