飯塚チャレンジとはどういう意味?上級国民かどうかを調べるテスト?

ニュース
スポンサーリンク

4月19日に池袋で発生したプリウスによる暴走事故は31歳の主婦と幼い3歳の子供の命を奪い、運転手の飯塚幸三さんと同乗者を含めた10人の方が重軽傷を負う悲惨なものでした。

運転をしていた元通産省キャリア官僚で瑞宝重光章受章などの多くの肩書を持った飯塚幸三さん(87)は事故後にそのまま入院することになりました。飯塚幸三さんは入院していることなどを理由として、逮捕されていない状況です。

そんな中、「飯塚チャレンジ」という言葉が使われるようになりました。

「飯塚チャレンジ」とはどういう意味なのでしょうか?

飯塚チャレンジとは何か?

飯塚幸三と同じ「上級国民」かどうかを調べる方法

飯塚幸三さんは元キャリア官僚でたくさんの肩書を持っていたり、大手企業のクボタに天下りをしていたり、瑞宝重光章を受章していたなど、社会的立場が高いです。このような人のことを「上級国民」と呼ぶようになりました。

「上級国民」である飯塚幸三さんが逮捕されていないことから、社会的立場の高い「上級国民」は交通死亡事故を起こしても逮捕されないのではないか、と考えられるようになったのです。

では、自分が「上級国民」であるかをどう調べればよいでしょうか?

どんな肩書を持っていれば、交通死亡事故を起こしても現行犯逮捕されずに実名報道されずに「容疑者」扱いされないのか、すなわち「上級国民」であるかは分かりません。

自分が交通死亡事故を起こしたときにどのように報道されるかで自分が「上級国民」であるか否かを確認することを「飯塚チャレンジ」と呼ぶようになりました。
池袋事故飯塚幸三が退院しても逮捕されない理由?警察との癒着の噂?
5月18日池袋で発生した母娘の命を奪った交通事故で、衝突した車を運転していた飯塚幸三容疑者が退院しました。 1か月にわたる入院中、治療の必要があり、逃亡の恐れがないことから逮捕されずにいました。しかし、退院しても逮捕をされる気配があり...

池袋事故でも逮捕されない飯塚幸三

飯塚幸三さんはあれだけ悲惨な交通事故を起こしてしまったにもかかわらず逮捕されませんでした。事故当初は匿名で報道されていました。しばらくして名前が報じられた後も、「容疑者」とは呼ばれずに「さん」「元院長」の敬称で報道されています。

他の交通死亡事故では現行犯逮捕され「容疑者」として実名報道されていました。

  • 5月8日に大津で発生した2台の車の衝突に巻き込まれて園児16名が死傷した事故
    • 2人の運転手が現行犯逮捕され、1人はしばらくして保釈されています。
  • 4月23日に千葉県木更津市登校中の小学生2人をはねて1人が亡くなり、1人が重傷を負った事故

被害者が亡くなる交通事故をしてしまっても、逮捕される人と逮捕されない人がいることが話題になっていました。

飯塚幸三の書類送検後の公判の流れ。実刑で交通刑務所に入るまで
2019年4月19日に東京・池袋で発生した母子2人を含む12人が死傷した痛ましい交通事故で、飯塚幸三容疑者が書類送検されました。 書類送検された後、どのように公判手続きが進んでいくのか、 また、実刑になるまでにどのような判断がな...

まとめ:飯塚チャレンジは「上級国民」かどうかを調べるテスト

2人の尊い命を失っていることや多くの重軽傷者が出ている交通事故で「飯塚チャレンジ」といった表現を作ることは不謹慎と捉える意見もあります。しかし、「なぜ飯塚幸三さんだけ逮捕されず、容疑者扱いされないのか」という問いが存在していることの証拠でもあるといえるのです。

逮捕するかどうかは警察が決めることです。逮捕されると逮捕歴が付き社会的な制裁になるわけで、逮捕権はとても大きな権力です。警察の大きな権力が、一部の人にとって有利になるように使われることがないようにしたいですね!

ニュース
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント