新一万円札の発行はいつから始まる?新紙幣の図柄・渋沢栄一の功績は?

新元号
https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html
スポンサーリンク

千円、五千円、一万円の各紙幣(日本銀行券)を新しくすることが、政府・日銀から発表されました。千円札の肖像画が野口英世に、五千円札の肖像画が樋口一葉に変わった2004年以来の刷新です。

肖像画は以下のように変わります。

一万円札 福沢諭吉 → 渋沢栄一
五千円札 樋口一葉 → 津田梅子
千円札 野口英世 → 北里柴三郎

新一万円札の肖像画に選ばれた「渋沢栄一」の功績と、いつ新一万円札が発行されるかについて見ていきましょう。

https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html

新一万円札の渋沢栄一の功績

渋沢栄一は田園都市線や東横線で知られる東京急行電鉄(東急)の創始者です。渋沢栄一は鉄道をつ使って理想的な街を作ることに尽力しました。

By 未知との遭遇 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=22529172

渋沢栄一は東京急行電鉄の前身の会社である「田園都市株式会社」を1918年に立ち上げました。「田園都市」とは、渋沢栄一が考える理想的な住宅地のことで、現在の東急目黒線洗足駅を中心とする目黒区、品川区、大田区にまたがる「洗足田園都市」や、大田区の最西端にある「田園調布」といった高級住宅街のことを言います。

渋沢栄一は高級住宅街としての条件を「田園都市構想」として次のように掲げています。

1.土地高燥にして大気清純なること。
2.地質良好にして樹木多きこと。
3.面積は少くとも十万坪を有すること。
4.一時間以内に都会の中心地に到達し得べき交通機関を有すること。
5.電信、電話、電燈、瓦斯水道等の設備完整せること。
6.病院、学校、倶楽部等の設備あること。
7.消費組合の如き社会的施設をも有すること。

By 未知との遭遇 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=19784461

渋沢栄一の言う田園都市は、天然(自然)と文明、田園と都市の長所を結合させたものであるといいます。家の周りは農業地域などの緑に囲まれるが、都会の中心地まで1時間以内でいくことができる鉄道などの手段を有することが田園都市の一つの条件になっています。

また、理想的な住宅建設について、次のように述べています。

1、他の迷惑となる如き建物を建造せざること。
2、障壁はこれを設くる場合にも瀟洒典雅のものたらしむること。
3、建物は三階建て以下とすること。
4、建物敷地は宅地の五割以下とすること。
5、建築線と道路との間隔は道路幅員の二分の一以上とすること。
6、住宅の工費は坪当たり百二、三十円以上にすること。

建物は宅地の5割以下で建てる、背の高い建物は建てない(3階建て以下)など、ゆとりを持った家を建て、町全体をゆとりある雰囲気にすることを目的としています。

鉄道沿線に大学を誘致したり、公園を整備することで魅力的な街を創り出したのです。

新一万円札の発行はいつから始まる?

財務省は2024年度上期を目途に発行するとしています。

正確な新紙幣の発行は財務省告示によって定められます。

現在流通している「福沢諭吉」の肖像画が印刷された一万円札は2004年11月1日から発行されていますが、このことは2004年8月13日の財務省告示第374号「平成十六年十一月一日から発行を開始する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件」にて定められています。

正確な新一万円札の発行日は、2023年末から2024年上旬に財務省告示で発表される可能性が高いです。

まとめ:新一万円札の発行はいつから?渋沢栄一の功績は?

新元号「令和」に変わり、紙幣も一新されます。新一万円札の肖像画は「渋沢栄一」となることが決定されました。「渋沢栄一」は東京の閑静な住宅街を作った人であるといえるでしょう。元号や紙幣が新しく変わっていく中で、「令和」の時代は明るいニュースが多いといいですね!

新元号
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント