新元号の候補だった「広至」の意味は?高い志を成し遂げることを祈願する名前!

新元号
bingzhuhun / Pixabay
スポンサーリンク

4月1日新元号が「令和」となることが公表されました。6つの原案を選び、有識者による「元号に関する懇談会」などに提示されて最終的に内閣総理大臣が決定しています。

 

View this post on Instagram

 

おたにぃさん(@capriccio_wao)がシェアした投稿

6つの原案の中には、「令和」のほか、「英弘(えいこう)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんほ)」「久化(きゅうか)」があったことが複数の政府関係者の証言からわかりました。

その中でも「広至(こうし)」について、その意味を見ていきましょう。

新元号の候補だった「英弘」の意味は?日本の発展を願う名前!
4月1日新元号が「令和」となることが公表されました。6つの原案を選び、有識者による「元号に関する懇談会」などに提示されて最終的に内閣総理大臣が決定しています。 View this p...

万和の意味

6つの新元号候補は、それぞれ6つの典拠(出典)がありました。日本の書物を典拠とする候補が3つ、中国の書物を典拠とする候補が3つとされています。

新元号候補だった「広至」は日本書紀を典拠とするとされています。

「平成」までの全ての元号に日本の書物を典拠とされたことはなく、全て中国の古い書物を典拠としていたそうです。

この「広至」は日本の書物を典拠とするとされていますが、「詩経(しきょう)」という中国最古の詩編を典拠とするという報道もありました。「詩経」は中国の古典である経書のうちでも代表的な五つの書物「五経」の一つです。これまでの247の元号は「五経」からの引用が最も多いとされています。五経は「詩経」の他に、「易経」「書経」「礼記」「春秋」があります。

「広至」の画数は11画で吉の画数になります。画数が11画の名前は、物静かに成長していく、しっかり者になることが多いそうです。

広の意味

「広」の文字には、果てしない、広い、という意味があります。

また、広げる、発展させる、大きく包み込むという意味があり、ゆとりや影響力を持つ、行動により周囲に良い影響を及ぼすという意味で用いられる文字です。

画数は5画です。

至の意味

「至」はある場所に到達する、究極の意味を持つ文字です。漢字の成り立ちは射られた矢が地面に刺さった象形からなっています。

常に高い目標を掲げ、それを成し遂げる向上心を持って結果を出すことを祈願しています。

過去の元号のうち、「至」の文字が使われたのは「至徳」の1度だけです。室町時代に北朝方の後小松天皇の時代に用いられました。

画数は6画です。

 

以上のことから、「広至」は高い志を抱き、成し遂げ究極の影響力をもつことを祈願する名前であるといえるでしょう。

まとめ:「広至」は高い志を抱き成し遂げることを祈願する名前

「広至」という新元号候補は、日本の書物を典拠とするとされています。

この名前には高い志を抱き、成し遂げることを祈願するという意思が込められていることが分かりました。

6つの候補の中から選ばれた新元号の「令和」がこれからの時代をよりよくしていく良い年号であることを信じています!

新元号
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント