万葉集巻5「梅花の歌(うめのはなのうた)」32首全て公開!序文とおまけの歌も!

新元号
スポンサーリンク

新元号「令和」が万葉集の梅花の歌の序文を典拠としていることが公表され話題になっています。

典拠は「巻五 梅花の歌三十二首并せて(あわせて)序」と紹介されることが多いですが、これは万葉集全20巻のうちの「第5巻」に収められた「梅花の歌」の「序文」と「32首の歌」という意味です。

実は「巻五 梅花の歌」には、32首の歌のほかに、2首のおまけの歌と、梅花の歌を受けて後から読まれた「追和」の歌が4首あって、全部で38首の歌からなっています。

これらを一挙公開します!

万葉集巻5「梅花の歌(うめのはなのうた)」32首と序文と追和の歌

梅花の歌序文

梅花の歌の序文には、大宰府の長官の大伴旅人の邸宅に集まって宴会が開かれた時の様子が描かれています。書き手は不明ですが、山上憶良(やまのうえのおくら)ではないかといわれているそうです。

天平二年正月十三日に、師の老(おきな)の宅に萃まりて、宴会を申く。
時に、初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。
加之(しかのみにあらず)、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封めらえて林に迷ふ。
庭には新蝶舞ひ、空には故雁帰る。ここに天を蓋とし、地を座とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開く。
淡然と自ら放にし、快然と自ら足る。
若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以ちてか情をのべむ。
詩に落梅の篇を紀す。
古と今とそれ何そ異ならむ。
宜しく園の梅を賦して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

 

新元号「令和」の発案者と言われている中西進さんの、梅花の歌の序文の訳をみてみましょう。

天平2年正月(1月)13日に、長官の旅人宅に集まって宴会を開いた。
時あたかも新春の好き月、空気は美しく、風はやわらかに、梅は美女の鏡の前の装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香のごとき香りを漂わせている。
のみならず明け方の山頂には雲が動き、松は薄絹のような雲をかずいてきぬがさを傾ける風情を示し、山のくぼみには霧がわだかまって、鳥は薄霧にとじこめられ林に迷い鳴いている。
庭には新たに蝶の姿を見かけ、空には年を越した雁が飛び去ろうとしている。
ここに天をきぬがさとし地を座として、人々は膝を近づけて酒杯を酌み交わしている。
すでに一座は言葉をかけ合う必要もなく睦み、大自然に向かって胸襟を開きあっている。
淡々とそれぞれが心の赴くままに振る舞い、快く各々が満ち足りている。
この心中を、筆にするのでなければ、どうして言い現し得よう。中国でも多く落梅の詩編がある。
古今異なるはずとてなく、よろしく庭の梅を詠んで、いささかの歌を作ろうではないか。

参加者に、梅の歌を詠もうと働きかけたのですね。そしてできたのが次の32首の歌です。

歌の頭の番号は歌番号です。

梅花の歌32首

出典:https://www.dazaifutenmangu.or.jp/

0815 正月立ち春の来らばかくしこそ梅を折りつつ楽しき終へめ (大弐紀卿)
0816 梅の花今咲けるごと散り過ぎず我が家への園にありこせぬかも (少弐小野大夫)
0817 梅の花咲きたる園の青柳は縵かづらにすべく成りにけらずや (少弐粟田大夫)
0818 春さればまづ咲く屋戸の梅の花独り見つつや春日暮らさむ (筑前守山上大夫)
0819 世の中は恋繁しゑやかくしあらば梅の花にも成らましものを (豊後守大伴大夫)
0820 梅の花今盛りなり思ふどち挿頭かざしにしてな今盛りなり (筑後守葛井大夫)
0821 青柳梅との花を折り挿頭かざし飲みての後は散りぬともよし (某官笠氏沙弥)
0822 我が園に梅の花散る久かたの天より雪の流れ来るかも (主人)
0823 梅の花散らくはいづくしかすがにこの城きの山に雪は降りつつ (大監大伴氏百代)
0824 梅の花散らまく惜しみ我が園の竹の林に鴬鳴くも (少監阿氏奥島)
0825 梅の花咲きたる園の青柳を縵にしつつ遊び暮らさな (少監土氏百村)
0826 打ち靡く春の柳と我が屋戸の梅の花とをいかにか分かむ (大典史氏大原)
0827 春されば木末こぬれ隠がくりて鴬ぞ鳴きて去ぬなる梅が下枝しづえに (少典山氏若麻呂)
0828 人ごとに折り挿頭しつつ遊べどもいやめづらしき梅の花かも (大判事舟氏麻呂)
0829 梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべく成りにてあらずや (薬師張氏福子)
0830 万代に年は来経きふとも梅の花絶ゆることなく咲きわたるべし (筑前介佐氏子首)
0831 春なればうべも咲きたる梅の花君を思ふと夜寐よいも寝なくに (壹岐守板氏安麻呂)
0832 梅の花折りて挿頭せる諸人は今日の間は楽しくあるべし (神司荒氏稲布)
0833 年のはに春の来らばかくしこそ梅を挿頭して楽しく飲まめ (大令史野氏宿奈麻呂)
0834 梅の花今盛りなり百鳥の声の恋こほしき春来たるらし (少令史田氏肥人)
0835 春さらば逢はむと思もひし梅の花今日の遊びに相見つるかも (薬師高氏義通)
0836 梅の花手折り挿頭して遊べども飽き足らぬ日は今日にしありけり (陰陽師磯氏法麻呂)
0837 春の野に鳴くや鴬なつけむと我が家への園に梅が花咲く (算師志氏大道)
0838 梅の花散り乱まがひたる岡びには鴬鳴くも春かたまけて (大隅目榎氏鉢麻呂)
0839 春の野のに霧立ちわたり降る雪と人の見るまで梅の花散る (筑前目田氏眞人)
0840 春柳かづらに折りし梅の花誰か浮かべし酒坏の上へに (壹岐目村氏彼方)
0841 鴬の音聞くなべに梅の花我ぎ家の園に咲きて知る見ゆ (對馬目高氏老)
0842 我が屋戸の梅の下枝に遊びつつ鴬鳴くも散らまく惜しみ (薩摩目高氏海人)
0843 梅の花折り挿頭しつつ諸人の遊ぶを見れば都しぞ思ふ (土師氏御通)
0844 妹が家へに雪かも降ると見るまでにここだも乱まがふ梅の花かも (小野氏国堅)
0845 鴬の待ちかてにせし梅が花散らずありこそ思ふ子が為 (筑前拯門氏石足)
0846 霞立つ長き春日を挿頭せれどいやなつかしき梅の花かも (小野氏淡理)

梅花の歌のおまけ:故郷を偲び詠んだ2首

0847 我が盛りいたく降くだちぬ雲に飛ぶ薬食はむともまた変若をちめやも(大伴旅人)
0848 雲に飛ぶ薬食むよは都見ばいやしき吾あが身また変若ぬべし(大伴旅人)

梅花の歌追和4首

0849 残りたる雪に交れる梅の花早くな散りそ雪は消けぬとも(大伴旅人)
0850 雪の色を奪ひて咲ける梅の花今盛りなり見む人もがも(大伴旅人)
0851 我が屋戸に盛りに咲ける梅の花散るべくなりぬ見む人もがも(大伴旅人)
0852 梅の花夢に語らく風流みやびたる花と吾あれ思もふ酒に浮かべこそ(大伴旅人)

まとめ

新元号「令和」の典拠となった万葉集第5巻の梅花の歌は、序文が1つ、大宰府の長官の大伴旅人の家で開催された宴会に参加した人達が読んだ32首の歌に、2種のおまけ、後から大友旅人によって詠まれた4首の歌からなっています。

大宰府に行って、梅花の歌が詠まれた場所を見ながら歌を楽しむのもよさそうですね!

新元号
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント