原田龍二の愛車「ランクル」の後席の広さは?内装や価格についても!

乗り物
スポンサーリンク


「ランクル」の愛称で有名なランドクルーザー。トヨタの高級4WDで大変人気のある車種です。

俳優の原田龍二さんの愛車も「ランクル」ですね。

実はランドクルーザーには「ランドクルーザー」と「ランドクルーザープラド」の2種類があります。

ここでは原田龍二さんの愛車と同じ、「ランドクルーザープラド」について、内装や後席の広さを見ていきたいと思います。

原田龍二の愛車ランクル(ランドクルーザープラド)4WDについて!

原田龍二さんの愛車ランドクルーザープラドは4代目となるモデルで、2009年9月にフルモデルチェンジでデビューしています。

その後、2013年9月と2017年9月にマイナーチェンジされていて、フロントライト周りの形状が変化しています。

出典:文春オンライン

原田龍二さんのランクルは、ヘッドライトに段のある形状と、丸型のフォグランプから、2013年9月のマイナーチェンジを受けたモデルだとわかります。2013年9月から2017年9月の間に購入されたのでしょう。

ヘッドライト下に段を作って4粒のLEDポジションランプが並び、独特なデザインとなっています。

2009年モデルでは、ヘッドライトが段のある形になっていませんでした。2017年モデルはフォルランプが丸型ではなく縦型になっています。

2013年モデル(中期型) 出典:ウィキペディア

内装・後席の広さ

出典:トヨタHP

2013年モデルのランドクルーザープラドは全長が4760㎜、全幅が1885㎜で日本国内ではやや大きめの車であるといえるでしょう。車内空間も広く、様々なことに応用できそうです。

シートは2列または3列から選ぶことが可能です。写真は3列シートのモデルです。

3列シートの場合、2列目シートは135㎜のシートスライド機構を装備しています。

2列目の椅子を一番前に出して、座面を前に倒すと3列目を広く使うことが可能です。

下記の写真をみると、3列目シートの前に広いスペースがあることが分かりますね。

これだけのスペースがあれば、着替えたりしゃがんだり、いろんなことができそうですね。

2列目シートを前に出した状態(出典:トヨタHP)

3列目シート画像

室内の高さはあまり高くないとも言えますが、バスやミニバンではないSUVでこれだけの室内高を持つのは大したものです。

3列目シートはリモコンが設定されており、リクライニングや座面の上げ下げをボタン一つで簡単に操作することが可能です。

3列目シートリモコンスイッチ(出典:トヨタHP)

2列目の椅子を後ろに下げれば2列目を広く使うことが可能ですが、3列目シートを活用するときほど2列目シートは広くないですね。3列目シートの方が広いようです。

2列目シートを後ろに下げた状態(出典:トヨタHP)

なお、外挿色アティチュードブラックマイカの場合、標準設定されている内装色はブラックになります。

夜間は幻想的なイルミネーションが車内を優雅に彩ります。夜間のドライブはロマンチックな雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

出典:トヨタHP

文春オンラインより

2013年モデルのランドクルーザープラドにはホワイトパールクリスタルシャイン、アティチュードブラックマイカ、ダークスチールマイカ、ブロンズマイカメタリック、ダークブルーマイカ、ダークグリーンマイカの6色の設定がありました。

原田龍二さんのランドクルーザープラドの色はアティチュードブラックマイカだと思われます。ランドクルーザープラドには同系色でダークスチールマイカも設定されていますが、こちらは少し緑っぽい色が入っているので違うのではないかと思われます。

アティチュードブラックマイカ(トヨタHPより)

ダークスチールマイカ(トヨタHPより)

価格

2013年モデルのランドクルーザープラドは最も安いグレードはTXの5人乗りで、318万円からとなっていました。7人乗りの場合333万円からの価格設定で、最も高い4リットルエンジンを搭載した7人乗りモデルは490万円になっていました。

全グレードで4WDのみの設定となっています。

エンジン トランスミッション 駆動 定員
(人)
価格
(消費税込み)
TX 2TR-FE
(2.7L)
ECT-E 4WD 5 3,180,000
“Lパッケージ” 3,620,000
TX 7 3,330,000
“Lパッケージ” 3,770,000
TZ 1GR-FE
(4.0L)
5 Super ECT 4,250,000
TZ-G 4,900,000

出典:トヨタHP

まとめ:4WDランドクルーザープラドの後席の広さ

トヨタのランドクルーザープラドは1990年から販売されているSUVで日本国内でも人気が高いモデルです。高い走行性能を持ちながら舗装路での乗り心地がよく、まさに都市型SUVと言えるモデルになっています。街中を颯爽と乗りこなしてみたいですね!

乗り物
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント