JRきのくに線で脱線事故!復旧までには時間がかかりそう!

乗り物
niekverlaan / Pixabay
スポンサーリンク

4月14日JRきのくに線で脱線事故が発生しました。車両入れ替えをしていた225系列車が脱線したようです。


脱線事故に伴い、「紀伊田辺から紀伊由良」の間の運転を見合わせています

4月14日追記:現在は復旧しています。

JRきのくに線で脱線事故

JRきのくに線の脱線事故は4月14日の朝6時54分に発生しました。原因はきのくに線御坊駅で発生した車両トラブルとされています。

運転見合わせ区間(紀伊田辺駅~紀伊由良駅)

運転を見合わせている区間はきのくに線の紀伊田辺駅~紀伊由良駅で、広範囲にわたっています。

きっぷの払い戻し・変更

JR西日本よりきっぷの払い戻し・変更に関する案内が出ています。

【きのくに線】 車両トラブル ご利用見合わせによるきっぷの払戻し・変更
09時20分更新
きのくに線での車両トラブルの影響により、JR西日本の以下の区間へのご利用は見合わせていただくようお願い申し上げます。
すでにお手持ちのきっぷの払戻し・有効期間の変更等については無手数料で手続きを行いますので、 券面記載の旅行開始日時までに駅にきっぷをお持ちください。またインターネット予約の場合は、エクスプレス予約もしくはe5489にログインし、ログイン後のトップページの案内をご覧ください。

【区間】きのくに線(紀勢本線)紀伊田辺駅~紀伊由良駅

指定されたURLは存在しません:JR西日本列車運行情報
JR西日本列車運行情報

脱線した225系

 

View this post on Instagram

 

Tutomu Magomeさん(@gomarz2000)がシェアした投稿

脱線した225系は主に関西の新快速・快速に用いられる車両です。きのくに線では紀州路快速として用いられています。

紀州路快速で用いられる225系の最高速度は120㎞/hとなっています。

復旧までには時間がかかりそう

JR西日本は運転再開までに時間がかかることを公表しています。

過去の脱線事故事例として、2019年1月9日朝に発生した熊本県の熊本電鉄藤崎線の脱線事故では、黒髪町駅から御代志駅の間の一部区間が復旧にほぼ丸2日かかっています。

原因は犬釘のゆるみでした。完全復旧には枕木の交換などが必要で、約2週間必要でした。

JRきのくに線の脱線事故でも完全復旧までには数日の時間がかかるかもしれません。

4月14日追記:現在は復旧しています。

まとめ

JRきのくに線で発生した脱線事故の復旧作業が続いています。熊本電鉄の時のように復旧に長時間を要さないことを祈ります。

乗り物
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント