仕事がつらい理由が分からないとき!自分の心の声は聞こえますか?

スポンサーリンク

以前よりも仕事をつらく感じているんだけど、なぜだか分からないと思っていませんか?

 

私は17年間勤めた会社を辞める時、とても仕事をするのがつらくなりました。

悩み苦しんで結局会社を辞めました。

 

友人になぜ辞めるの?と聞かれても、うまく答えられませんでした。

自分でもなぜ辞めたいと思ったのか、わからなかったのです。

辞める前も、辞めた後も、本当に辞めたくなった理由を何度も考えたのですがわかりませんでした。

 

ただ、「時間が欲しい」ということだけは辞める前からわかっていました。

時間を使って、自分と向き合いたいと思っていました。

でも、なぜ自分と向き合いたいと思うようになったのかは、ずっとわかりませんでした。

 

自分が本当にやりたいことはわかりますか?

辞める少し前までは、仕事はつらくても、楽しくやりがいのあることでした。

一生懸命に頑張って成果が出て、評価されたらとても嬉しかったのです。

自分が成長していることを実感できることも、仕事が楽しい理由でした。

 

でも、長年働いた会社を辞めようと思ったとき、もうこれらの理由では頑張れないことに気づきました。

何のために仕事をしているのか、わからなくなりました。

自分が本当にやりたいことがわからないことに気づきました。

ただ、会社を辞めたいという衝動だけがこみ上げてきました。

 

会社を辞めて、本を読んだりサイクリングをしたりして、ゆっくりと過ごしながら、

いつから自分がやりたいことが分からなくなったんだろうと考えてみると、

会社の評価を追い求めて仕事をするようになったころからだと思いました。

 

仕事を始めた最初のころは、右も左も分からない状態で、ただがむしゃらに仕事に取り組んでいました。

だんだん周りが見えるようになって、なんとなく自分の力で仕事を回せるようになってきたと思うようになってきたころから、

どうすればより評価されるか考えるようになったのです。

この仕事をしても評価されないからやっても無駄だとか、これをアピールするとより評価されるとか考えて仕事をするようになると、社外にいるお客様ではなくて、社内にいる評価者を見て仕事をするようになります。

 

評価者が求めていることが自分のやりたいこととは限りません。むしろ、自分の考えとは違うことを評価者が求めていることもあるでしょう。

評価してもらうことを仕事の目的にして、自分の考えとは違うことをやり続けていると、徐々に自分の心に蓋をして仕事をしなければならなくなりました。

 

自分の心に蓋をして仕事をするようになったころから、自分が本当にやりたいことが分からなくなっていったのだと思います。

 

閉ざされた自分の心を開くためにやったこと

自分の本当の気持ちを知りたくて、自分の心を感じようとするのですが、固く閉ざされているように感じました。

自分の心を開きたいと思って、ハートマントラという瞑想を習いに行くことにしました。

いままでに瞑想を習うことはもちろん、したことさえもありませんでした。なんとなく怖いイメージがありました。

でも、わらにもすがるような思いで、習いに行ってみたのです。

 

講師の方に「心が固く閉ざされている感じがするのですが、どうしたらよいでしょうか」と聞いてみました。

すると、少しずつ開いていくから焦らずにゆっくりとやっていきましょうと言われました。

 

瞑想を習うことで心が開いたかというと、ちょっとだけ開いたような気もするし、よく分からないというのが第一印象でした。

1日習っただけでいきなり心が全開になることはないのかもしれませんが、瞑想をすることで頭がスッキリする感じがしました。

 

後日、映画のSing/シングを見ていると、涙があふれて止まらなくなりました。

これまでに映画を見て泣くことはなかったので驚きました。

とても良い映画だったからなのか、瞑想の効果で少し心が開いてきたからなのか、両方なのかわかりませんでしたが。

 

映画を見て、自分の気持ちに素直に生きることは素晴らしいことだと思いました。

自分の気持ちに素直に生きるために、自分の時間を使うことが大切だと思いました。

もう、自分の気持ちに蓋をして仕事をするのは止めようと思いました。

 

残された自分の時間を大切に生きる

私は会社で仕事をしているとき、自分の時間をすべて、評価者が求めることのために使っていました。

それが一生懸命仕事をすることだと思っていたのです。

でも、40才を過ぎて、自分に残された時間を大切に使いたいと思うようになりました。

あの時仕事がつらくなったのは、自分が本当にやりたいことと違うことをしていたからだと思いました。

「自分が持っている時間を自分が本当にやりたいことに使いなさい」と、自分の心が言っていたんだと思いました。

自分が本当にやりたいことを実現するために生きていたのであれば、あのまま仕事を続けられたのかもしれないと思います。

自分の心に蓋をせずに、心の声を聞きながらこれから残りの人生を歩んでいこうと思います。

 

関連記事:会社の仕事が自分に合わないとき!直感を信じて辞めてもいい?

仕事がつらいとき
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント