会社に行きたくなくなった理由!我慢することより大事な事は?

スポンサーリンク

会社に行くのがつらいと感じるのは、世の中の変化に応じて自分が変わろうとしているからかもしれません。会社を辞めて自分を見つめていて思ったのは、私が会社を辞めることを考え始めたときには、自分の心の深い部分はすでに気づいていたんだと思いました。

 

会社を辞める前、朝起きるといつも会社に行きたくないと感じていました。

 

でも、これまで頑張ってきたんだし今辞めてはもったいない、とか、

それなりの立場もあるから辞めるわけにはいかない、とか、

家族がいるから養っていかなければいけない、とか、

ダメな奴だと思われてはいけない、とか、

いろんな理由で自分を奮い立たせて、会社に行きたくない気持ちを我慢して会社に行きました。

 

心の奥深くから本当に会社を辞めたくなったときは、

今まで感じていた気持ちとは違う、

「会社に行きたくない気持ち」を感じるようになったのです。

 

なぜ、私はこれまでと違う「会社に行きたくない気持ち」を感じるようになったのでしょうか。

 

 

社会も会社も自分も時間とともに変わっていく

新しい技術の普及や人の価値観の変化に伴って、市場環境は変わります。

 

会社は変化する市場環境に適応して事業を継続するために、

日々新しい価値を加えて変化していく必要があります。

 

その変化の中で大切にされることが変わっていきます。

品質が高いことが一番大切な時期もありますし、

スピードが求められる時期もあるでしょう。

従業員に求められる、仕事に対する姿勢も同じように変化が求められます。

 

会社は存続のために変わり続けています。

市場環境の変化に応じて、会社が事業内容や経営スタイルを変えているのです。

変化し続ける会社の考えと私の気持ちとのギャップが大きくなりました。

 

昔は会社の製品がもっと売れたら嬉しいと思っていました。

きっと自分の給料も増えるはずだと思ったので。

そのために、歯を食いしばって頑張って仕事をして、成果が出たらとても嬉しかったです。

 

でも、給料が増えることにモチベーションを感じられなくなった時から、

あの手この手で会社をより良くしていくことに頑張れなくなったのです。

 

 

よくない我慢をしていた

これまでも、仕事をしていていろんな辛いことがありました。

若いころは先輩や上司から嫌味を言われたり、無理難題を押し付けられたりして、

どうしたらいいのかわからない、絶望的な状態になりながら、

それを我慢して乗り越えて、成長してきたのです。

 

我慢は大切です。良い我慢をすることで成長することができます。

 

でも、よくない我慢をすると心が疲れてしまいます。

 

仕事に興味を失ってから、無理やりに自分に鞭打って会社に行っていましたが、

それは悪い我慢でした。

事態はどんどん悪化していき、いつも溺れているような気分になっていきました。

 

あのまま我慢しても、何の成長にもつながらなかったと思います。

昔経験した、成長につながった良い我慢とは違っていました。

良くない我慢をした結果、どんどん会社に行くことが嫌になっていきました。

 

 

長い人生の途中で休む期間を持ちたいと思った

いまは70歳になっても働く時代です。

年をとっても働き続けないといけないのです。

インターネットやソフトウェアの技術がどんどん進んでいく中、

これまでに学んだ働き方では仕事をし続けることが難しくなるかもしれないと思いました。

学び続け、変わり続けないといけないのです。

 

私は学校を卒業してからずっと働き続けましたが、疲れがたまり、勉強することができなくなっていました。

勉強し続けないと、いつか取り残されるという不安が募りました。

 

新しいことを学ぶにはエネルギーがたくさん必要です。

今と違うことを受け入れて、変化しなければならないのですから。

 

長い人生の途中で休む期間を持って、エネルギーを回復してから新しいことを学んで時代に合わせて変化していきたいと思いました。

 

私が会社に行きたくない気持ちを感じたのは、

自分が変わらなければいけないと考えていたことに理由があったように思います。

 

 

自分の考え方を少しだけ変える勇気を持とう!

今の先の見えない、つらい状況を抜け出すには、行動が必要です。

私は会社を辞めるとき、家族に何度も相談し、何度も考えて悩み苦しみました。

会社を辞める前に果たしていた役割は果たせるのか心配でした。

 

会社を辞めて思うのは、自分が果たしていた役割を果たすことと、会社に勤め続けることとは無関係だということです。

お金を稼がなければならないなら働けばいいし、人と仲良くするには相手を尊敬すればいいだけなのです。

勤めていた会社は関係ないと思いました。

 

自分の考え方を少しだけ変えられたら、自由になれると思いました。

ほんの少しの勇気があれば、自分の考え方は変えられます。

過去にとらわれず、未来を憂うことなく、

新しい未来を切り拓くことができるのです。

 

いつか長い時間が経った後で、あの時に行動してよかったと思える日が来たらいいなあ。

関連記事:仕事がうまくいかなくてつらいとき!上司をうまく巻き込む方法は?

仕事がつらいとき
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント