仕事のストレスがつらい!なぜ人と比較してしまうのか?

スポンサーリンク

知らない間に人と比較して自分を評価していることがあります。自分が劣っているとつらく感じます。なぜ、誰かと比較してしまうのでしょうか。

 

自分と誰かを比較して自信を無くしてしまうことありますよね。

 

  • 周りの人が自分よりすごい人に見える
  • 自分が情けない
  • 思ったようにうまくいかない
  • 周りの人はみんな成果を出しているのに自分だけできない

比較しても落ち込むだけだからしないほうがいいのはわかっているのに比較してしまいます。

 

なぜ誰かと比較をしてしまうのか

子供のころから「もっと頑張れ!」と言われてきました。

頑張ることは大切です。頑張ることで自分の限界を超えることができるからです。

人より良い成績を取ると嬉しいですね。

分かりやすく、人に説明しやすく、自分がどれだけ成長できたのかを示してくれます。

 

以前より良い成績を取れたら、もっと頑張ることが楽しく感じますが、

常に他人よりより良い成果を得ることはできません。

 

同じことを極めていくと、どこかで頭打ちになるかもしれません。

1番になれるのは1人だけですから、どれだけ良い成績をとっても

1番にならない限り、誰かに負けてしまうのです。

 

成績や収入や肩書などの数値で自分の成長を見てしまうと、

自分が本当に達成したいことが分かりにくくなります。

 

自分が本当にやりたいことを達成した結果、成績や収入、肩書などに反映されるのは嬉しいことです。

自分が本当に達成したいことは何でしょうか?

成績や収入などを上げるために、自分が本当にやりたいこと以外のことをしていないでしょうか?

 

「もっと」頑張って、「もっと」成績や収入を増やさなければならないと思っていないでしょうか。

 

この「もっと」はくせ者です。

「もっと」には終わりがないのです。

 

「もっと」頑張らないといけないと思うと、

まだできていない自分を明確にするために、自分より少し優れた他人が意識に上ってきて、

他人と比較してしまうのです。

 

期待に応えられないストレス

仮にいまより良い結果を出せたとしても、

「もっと頑張れ!」という声が聞こえてくると、

頑張って得られた成果ではダメだと思ってしまいます。

もっと成果を出さないと期待に応えられていないと思ってしまいます。

期待に応えられないと思うことはストレスに感じます。

 

期待に応えられないストレスの原因は、「もっと」です。

 

「もっと」には終わりがありません。

自分が本当にやりたいことをちゃんと意識することで

この「もっと」の呪縛から逃れることができるようになるのです。

 

仕事がつらいときは目標をもう一度考えよう

成績や収入、肩書などで評価されることはとてもうれしいことです。

でも、長い人生を考えたときに、成績や収入、肩書などを追い求めることが人生を豊かにするわけではないのかもしれません。

今より多い収入があれば、今より幸せになるでしょうか。

今自分が本当にやりたいことを実現できたと思えることのほうが、幸せに近づかないでしょうか。

 

あなたは今何に挑戦していますか?

 

私は会社で働いていた時、突然何のために働いているのか分からなくなりました。

17年間会社で働いていて一度も感じたことのない不安を感じました。

終わりのない仕事をしているような気分になり、今のままでは続けることはできないと思いました。

 

私は自分の人生で達成したいことを考えずに生きてきました。

ある日突然、自分の人生で達成したいことが何か知りたいと思うようになったのです。

それをわからずにこのまま働くことはできないと思い、会社を辞めました。

 

まとめ

仕事をしていてものすごいストレスに襲われたときは、

人と比較をしていないか考えてみましょう。

 

そして、自分が本当にやりたいことは何なのか、自分の心に聞いてみましょう。

 

自分が本当にやりたいことは何か、

やりたくないことは何か。

その心の声に従って

自分の力を注ぐことを決められるといいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事:仕事で成果を出したい!でも頑張ってもうまくいかなくてつらいとき!

 

画像引用:Pixabay

仕事がつらいとき
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント