カルロスゴーンのふたりの妻!キャロル夫人と前妻のリタについて!

経営者
5688709 / Pixabay
スポンサーリンク

4月25日、カルロスゴーン被告が東京拘置所から保釈されることになりました。保釈は2回目で、1回目の保釈の時と合わせると保釈金は15億円に上ります。

2回目の保釈条件は新たに、妻の「キャロル・ゴーン」さんとの接触が禁じられることになりました。会う時は事前に、目的、時間、場所を裁判所に明かして許可を得なければならないとのことです。

これに対し、カルロスゴーン被告は「残酷で、不必要だ」と批判しています。

もし、有罪判決が下って実刑になった場合、有罪判決が出るまでに5年くらい、実刑の期間が2年くらいの時間がかかるとすると、現在65歳のカルロスゴーン被告は72歳になるまで妻であるキャロル・ゴーンさんと会えない可能性が出てきます。

「私たちは深く愛し合い、妻は裁判で検察側の質問にすべて答え、何も悪い事はしていない」と反対するゴーン被告にとってはつらい時間になることでしょう。

カルロスゴーン被告の妻のキャロル・ゴーンさんとはどんな方なのでしょうか。

また、カルロスゴーン被告には前妻がいます。前妻のリタさんについてもどんな人なのか見ていきましょう。

カルロスゴーンの家族

カルロスゴーン被告には妻と4人の子供がいます。今の妻のキャロルさんから見ていきましょう。

今の妻:キャロルさん


キャロル・ゴーンさんは1966年10月生まれでレバノンの出身です。カルロスゴーン被告も同じレバノン人です。国籍はレバノンの他に、フランスと米国を持っています。

ゴーン被告とは再婚で、2016年にベルサイユ宮殿で結婚式を挙げました。


キャロルさんの前の夫はアメリカ人です。だからアメリカの国籍を持っているのですね。前夫との間に2人の子供がいます。娘のTaraさんと息子のDanielさんです。

ちなみにカルロスゴーン被告はフランス国籍を持っています。なので、妻のキャロルさんもフランス国籍を持っているのですね。カルロスゴーン被告は前妻のリタさんとの間に3人の娘と1人の息子がいます。

前妻のリタさん


ゴーン被告の前妻であるリタさんは、1965年にレバノンで生まれました。1984年、19歳の時にカルロスゴーン被告と結婚しています。この時リタさんはリヨン大学薬学部の学生でした。そして1987年1月29日、待望の第1子キャロライン・ゴーンさんが生まれます。ゴーン被告と結婚してから3年後のことでした。

2004年のクリスマスにカルロスゴーン被告が前妻のリタさんに送った手紙がこちら。


20年経った2004年には、カルロスゴーン被告がリタさんをとても愛していた様子がかかれています。しかし、その6年後の2010年、カルロスゴーン被告とリタさんは離婚をしました。

まとめ

1984年にリタさんと結婚したのが、カルロスゴーン被告が2018年に逮捕される34年前の出来事でした。その間に子供が生まれ、前妻と離婚し、新しい妻と結婚して、逮捕後には妻との接見を禁止されるという波乱万丈な人生を歩まれているカルロスゴーン被告。前妻のリタさんも、今の妻のキャロルさんも、カルロスゴーン被告と一緒にいることでいろんな経験をされたことでしょう。今後の裁判の行方に注目したいと思います

経営者
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント