COVID-19(こびっとじゅうきゅう)名前の意味や由来は?SARSと比較!

スポンサーリンク
災害

新型コロナウイルスによる病気(肺炎)の名称はCOVID-19(こびっとじゅうきゅう)。

なぜこのような名前になったのでしょうか?由来を探っていきます。

また、病原体(ウイルス)と病気とを分けて理解できるよう、2003年に流行したSARSと比較して理解を深めたいと思います。

スポンサーリンク

COVID-19(こびっと19)は新型コロナウイルスによる病気の名前


WHO(世界保健機関)新型コロナウイルスによって引き起こされる病気に対してCOVID-19という名前をつけました。

病気に対する名前であって、新型コロナウイルスの名前ではありません

これまで新型コロナウイルスによる病気は新型肺炎とよばれていましたが、

正式に病気の名前をCOVID-19としたのでした。

COVID-19(こびっとじゅうきゅう):名前の意味や由来は?

COVID(こびっと)は「コロナ(Corona)」、「ウイルス(Virus)」、「病気(Disease)」という単語の組み合わせでできています。

COVID-19は2019年に感染が報告された、コロナウイルスによる病気という意味になります。

テドロスWHO事務局長はCOVID-19の命名にあたり、

地名や人や組織などにちなんだ名前にしないようにしたと述べていました。

以前は武漢肺炎などとよばれていたこともありましたが、それでは風評被害が発生してしまうことを懸念したようです。

 

COVID-19(こびっとじゅうきゅう)の病原体(ウイルス)の名前はSARS-CoV-2

COVID-19(こびっとじゅうきゅう)は病気の名前です。

病気の原因となる病原体新型コロナウイルスですが、正式名称をSARS-CoV-2(サーズコブツー)といいます。

2003年に流行した「サーズ」(SARS)は病気(肺炎)の名前です。

SARS(サーズ)は severe acute respiratory syndromeの略で、重症急性呼吸器症候群という意味になります。

 

COVID-19(こびっとじゅうきゅう)とSARS(サーズ)の比較

SARS(サーズ)もコロナウイルスが原因の病気でした。

サーズの原因となったウイルスの名前はSARSコロナウイルス(SARS-CoV)と命名されていました。

COVID-19(こびっとじゅうきゅう)とSARS(サーズ)の比較は次の通りです。

病名ウイルス名流行した年
SARS(サーズ)SARSコロナウイルス(SARS-CoV)2003年
COVID-19(こびっとじゅうきゅう)新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)2019年

 

 

マスクの売り切れはいつまで続く?通常の価格で買える場所を紹介!
新型コロナウイルスの流行でマスクの売り切れが発生しています。いつまでマスクの不足は続くのでしょうか。マスクを何とか手に入れる方法はないのでしょうか。
マスクの次に売り切れるものは?値上がりしそうなものを4つ紹介!
新型コロナウイルスの流行でマスクが次々に売り切れています。ネットで転売されて非常に高い値段がついていることも。新型コロナウイルスの流行で売り切れてしまうのはマスクだけなのでしょうか?売り切れてしまう前に買っておいたほうがいいものがないか調査しました。
使い捨てマスクの代わりに!キッチンペーパーマスクの簡単な作り方!
新型コロナウイルスの流行に伴って、使い捨てマスクの売り切れが問題になっています。しばらくの間は需要が高いことが予想され、使い捨てマスクがどうしても手に入らないこともありそう。 そこで、簡単に使い捨て出来るマスクをキッチンペーパーで作る...
災害
スポンサーリンク
ハナキチをフォローする

関連記事

おじさんよ大志を抱け!!

コメント