タール火山噴火の日本への影響は?噴火に伴う現象まとめ

スポンサーリンク
災害

フィリピンの首都マニラに近いタール火山が噴火しました。噴煙は15000メートルに達し、全島避難となった三宅島の噴火と同じ高さとなっています。日本に与える影響を見ていきましょう。

スポンサーリンク

タール火山噴火で日本に与える影響は?

【1月13日 AFP】フィリピンで12日、首都マニラ南方にあるタール(Taal)火山から巨大な噴煙が立ち上った。当局は同火山が「爆発的噴火」を起こす危険が迫っていると警告を発し、マニラの国際空港では航空機が当面の間、運航停止を余儀なくされている。

噴煙は高さ1万5000メートルに達したため、航空当局は、マニラにあるニノイ・アキノ空港(Ninoy Aquino International Airport)を発着する航空機の運航停止を命じた。当局は当初、運航停止は数時間としていたが、その後「当面の間」運航を見合わせると発表した。

引用:AFP

火山が噴火することで発生する火山現象には、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流、溶岩流、小さな噴石・火山灰、火山ガス等があります。

火山現象のうち、日本に到達する可能性のあるのは火山灰です。フィリピンに最も近い沖縄からタール火山までの距離は1000キロ以上。距離があるので直ちに影響が及ぶわけではないかもしれませんが、火山活動は長期に及ぶ可能性があるため、長期的に影響を確認する必要があります。

 

フィリピン・マニラに行く人は混乱に注意

フィリピンの首都マニラから噴火したタール火山までの距離は50キロ程度。タール火山から17キロメートルの地域が危険地帯とされ、930000人が住んでいるとされています。

タール火山の噴煙は15000メートルに達しています。規模は平成12年の三宅島の噴火と同程度。三宅島の噴火では猛毒の二酸化硫黄が毎日数万トン放出される状況が数年間にわたって続きました。半径8キロの三宅島に住む3895人の住民は避難することになったのです。

引用:内閣府

タール火山はマニラ空港に近いため、火山灰による視界不良で飛行機の離発着に影響が続く可能性があります。マニラ中心部から30キロほどの場所が危険地帯となっています。日本の羽田空港にたとえると、30キロ離れた横浜や東京ディズニーランドの辺りが危険地帯となって避難勧告が出されているような状態です。マニラの混乱は必至です。フィリピンに行く予定のある方は急な離発着の変更リスクを考慮しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

火山噴火に伴う現象

火山灰

火山噴火で遠くまで影響を与えるのが火山灰です。数百㎞もの遠くまで飛ぶことがあります。

火山灰は呼吸器系、目、鼻、のど、皮膚などに影響を及ぼします。喘息やかゆみ、腫れなどの症状がでることもあるので、火山灰が降ってきたときはマスクやゴーグルなどで防ぐことが必要です。

フィリピンのタール火山から沖縄県那覇市までの直線距離は1600㎞ほど。直ちに影響はないと思われますが、火山灰の影響はあるのでしょうか。

溶岩流

タール火山の噴火でも溶岩流が流れ始めたとの見方が強まっています。

溶岩流はマグマ(溶岩)が流れ下る現象です。マグマは燃えたぎる高温なので、通り過ぎるところにあるものをすべて焼き尽くします。

火砕流と似ていますが、水や岩などと混ざっていないため火砕流よりも粘度が高くゆっくりと流れるのが特徴です。

 

火山ガス

火山が噴火すると火山ガスが放出されることがあります。火山ガスに含まれる二酸化硫黄は毒性が強く、濃度の高い二酸化硫黄を吸引すると咳き込んだり、涙が出たり、最悪の場合は死に至ることもあります。臭いは刺激臭で、花火に火をつけたときにおなじ臭いがすることがあります。

平成12年に三宅島で全島避難となったのは火山ガスが原因でした。

大きな噴石

引用:仙台管区気象台

火山噴火はとてつもなく大きなエネルギーを伴います。一辺が数メートルもある岩を数キロメートル吹き飛ばすこともあるほどです。

岩の密度は1㎤あたり3グラムほど。一辺が1メートルの岩の重さは3トンにもなるのです。ぶつかるとひとたまりもありません。噴火時は火山に近づいてはいけません。

火砕流

火砕流は高温のマグマ(溶岩)の細かい破片が期待と混合して流れ下る現象を言います。マグマは燃えたぎっていますから、通り過ぎるところはすべて焼き尽くされてしまいます。登山などで噴火した山にいる場合は直ちに逃げる必要があります。

火砕流は近くにいる人に甚大な被害を与える可能性があります。

融雪型火山泥流

火山が噴火した山に雪が積もっていると、噴火の熱が雪を溶かして大量の水がふもとに向かって流れます。ふもとには大量の泥流が流れ下り、泥の海となってしまうのです。

山の近くにいる人は、火山活動が始まったらすぐに逃げる必要があります。

 

スポンサーリンク

タール火山とは

フィリピンのルソン島にあるタール火山は首都マニラの中心街より南に約60kmほどの位置にあります。マニラから60㎞の距離にあり、車で2時間で到着します。

災害
スポンサーリンク
ハナキチをフォローする

関連記事

おじさんよ大志を抱け!!

コメント