台風17号2019(ターファー)はいつ来る?三連休は大丈夫?進路予想や上陸場所は?

災害
WikiImages / Pixabay
スポンサーリンク

台風17号ターファーが日本に向かっています。

9月21日からの三連休は台風の影響を受けることはないのでしょうか?

台風17号はいつ日本にやってくる予想なのか、調べてみました。

 

台風17号2019はいつ来る?三連休は大丈夫?進路予想や上陸場所は?

台風17号が上陸するのはいつ?

台風17号ターファーは、9月21日(土)には沖縄を通過し九州に接近する予想になっています。

23日(月)にかけて日本海へ進みます。

9月21日(土)には台風17号ターファーの影響が始まると考えておいたほうがよさそうです。

北には高気圧があるようなので、台風は北に向かわずに日本列島を通過するコースを通る可能性も否定できないかもしれませんね。

三連休は台風の影響があるかもしれないと思っておいたほうがよさそうです。

今後の天気予報に要注目ですね!

台風17号の大きさや強さは?

台風の中心気圧と風速との間には関係があります。

気圧が低いほど、風速が大きくなる傾向があるのです。

9月20日12時45分の時点で、台風17号の中心気圧は985ヘクトパスカル

21日12時には980ヘクトパスカル、22日9時には975ヘクトパスカルまで気圧が下がると予想されています。

ちなみに台風15号2019の最低気圧は955ヘクトパスカルでした。

台風17号について、以前よりも中心気圧の予報値が低くなっています。

想定よりも強い台風になる可能性も否定できません。十分な備えが必要です。

台風17号の現在位置は?

9月20日(金)午後12時45分時点の場所

台風17号は9月20日12時45分時点には、台湾の東側にいます。

まだ、沖縄の南海上で足踏みしている様子ですが、21日(土)以降に本州に接近する予定です。

9月19日(木)午後6時時点の場所

台風17号は9月19日(木)午後6時時点で北緯22度35分、東経128度35分の海上にいます。

少しずつ北上しています。

9月19日(木)午前9時時点の場所

気象庁が9月19日(木)午前10時25分に発表した情報では、台風17号の卵は、19日の午前9時時点で北緯22.4度、東経128.7度の海上にあります。

台風とは

日本の近くにある熱帯低気圧のうち、低気圧のの中の最大風速が毎秒17メートル以上のものを「台風」と呼びます。

最大風速が毎秒17メートルになると、1秒に17メートルの距離を風が進むわけです。

50メートル走をたったの3秒で走ってしまう速さなわけで、大変な強風であることが分かります。

具体的には、風に向かって歩きにくかったり、歩けずに転んでしまうような状況です。

当然、傘をさして歩くようなことはできません。

小枝が折れたり、いろんなものが飛ばされたりします。

一番弱い台風でさえこのような強さを持つわけですから、秒速20メートルや30メートルと言った台風の被害は尋常ではありません。

 

まとめ:台風17号2019は三連休に影響大

沖縄の南の海上にいる台風17号の卵は、9月19日中に台風になりました。

21日(日)には九州の東側に移動しているという予想なので、9月20日(土)から22日(月)の三連休は台風17号の影響を受けそうですね。

今後の台風情報に注目して、三連休を有意義に過ごしたいですね!

災害
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント