大企業で17年間勤めた私が会社を辞めた理由!

スポンサーリンク
私は17年間勤めた会社を辞めて、仕事をせずに自分を見つめる時間を取ることにしました。自分の気持ちを考えることなくただやみくもに仕事をしていて、自分が本当にやりたいことがわからなくなっていたのです。私の経験がどなたかの参考になれば幸いです。

 

急に会社を辞めたいと思うようになりました。17年間勤めるなかで仕事がつらいと思う時は何度もありましたが、全く質の違う、心の奥底からこみ上げてくるような会社を辞めたいと思う気持ちが急に湧きあがりました。これはいつもとは何かが違うと思いました。

 

なぜ会社を辞めたのか?

会社での仕事はとても忙しかったです。会社にいるときも、いないときもずっと仕事のことが気になっていて心が休まるときはありませんでした。でも、忙しいことだけが嫌で辞めたわけではありませんでした。

なぜ会社を辞めたいと思っているのか考えているうちに、何のために働いているのかという疑問が浮かんできました。私はこの疑問に答えられず、これまで考えてこなかったことに気づきました。学校を卒業したから働いているくらいの考えしかありませんでした。

生きていくのにお金は必要です。そのために働くことは私にとって大きな目的でした。頑張って働いて成長し、給料が増えていくことがとても嬉しかったです。給料が増えると、旅行に行ったり、車を買い替えたり、より良い暮らしをすることができるようになります。でも、より良い暮らしを求めることだけでは、いつか心が満たされてなくなっていきました。自分が何のために働いていくのか、またこれからどう生きていくのがよいのか勉強したいと思うようになりました。そのための時間を得るために会社を辞めることにしました。

 

自分のやりたいことは変わっていく

私はこれまで、自分が心からやりたいと思うことを特に意識せずにいました。意識はしていなかったですが、仕事を頑張って成果を出して評価されることが自分のやりたかったことだったように思います。自分が心からやりたいことをするときはとても頑張ることができます。私はたまたま自分が心からやりたいことが仕事で成果を出して評価されることだったからこれまで仕事を頑張ることができたのだと思いました。

 

でも、会社を辞めたくなった時にふと考えると、会社から評価されることに喜びを感じなくなっている自分に気づきました。いつの間に自分の気持ちが変わったのか分かりませんでした。休みを取って自分と向き合う中で、自分の心が閉ざされていたことに気づきました。仕事をしているとつらいことや我慢しなければいけないことがたくさんありました。それらを飲み込んでいるうちに、自分の気持ちを顧みないようになっていたのだと思います。自分が気づいていない間に自分が本当にやりたいことがが変わっていました。時々自分の気持ちを考えることは大切なんだと知りました。

 

人生何があるか分からなくて面白いと思った

仕事がつらくなってくると、常に何かに追いかけられて水の中で溺れているような感覚になりました。それでも「甘えていてはいけない」と思って、体に鞭打って会社に向かいました。疲れがたまりにたまって、全く取れなくなっていました。休みの日は昼まで寝ていてベッドから出られず、やっと起きられたと思ったらもう夕方になっていて何もできないようなことがしばしば起こるようになりました。そんな日を過ごしているうちに、仕事を辞めたいと思うようになりました。これまで私なりに満足して仕事をしてこれたのに、ある日突然仕事を辞めたくなるなんて今までの私には考えられないことでした。

 

会社を辞めてどこにも所属しないことはとても不安でした。それでも、会社で仕事をしながら自分を見つめて自分が本当にやりたいことを探すことはできないと思いました。きっとまた仕事のことで頭がいっぱいになって、自分のことを考えられないだろうと思いました。また頑張って何かをするために、一度仕事を辞めて何もない状態にして、自分が本当にやりたいことを探したいと思いました。まさか自分の人生にこんな時間が訪れるとは思ってもいませんでした。

 

自分の気持ちを気にせず生きられたら会社を辞める必要はなかったのかもしれません。でも、次の仕事をするためには、自分の気持ちを探さなければならなくなりました。会社を辞めてどうやって生きていくのかという心配はあります。でも、自分の気持ちに従って生きるから、頑張れるし、楽しいのだと思います。

 

会社を辞めて休みを取っている間に自分の心の中に何かやりたいことがあることに気づいたのですが、具体的にどういうことなのかわかりません。心が何かで覆われてふさがれているかのようです。でもきっと自分の心が本当にやりたいことを教えてくれるのだと信じています。なぜなら、それまでモヤモヤとしてとても重かった心が、会社を辞めたときに一瞬で驚くほど軽くなったからです。自分の気持ちに寄り添って正直に生きていこうと思いました。

 

関連記事:会社を辞めて後悔しないか?私が会社にしがみついて辞められなかった理由!

会社を辞めた理由
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント