仕事を辞めたいけど、家族を養うことに対する責任はどうなるのか?

会社を辞めた理由
geralt / Pixabay
スポンサーリンク

会社を辞めたいと思ったときに、ふと家族のことが頭をよぎります。

 

俺には家族を養う責任があるから、やっぱり会社を辞めてはダメだ。

 

でも、もう限界だ!

誰にも相談できない

仕事を続けられない

 

心が折れそうだ。会社を辞めないと身体が壊れてしまう。

 

こんな板挟みの状況で自分の家族に対する責任に苦しんでいませんか?

仕事をして家族を支えることが責任の一つの形であることは事実ですが、

それ以外の責任の取り方もあるのです。

本当の責任は、家族が幸せに生きていけるようにすること、なのです。

その覚悟をあなたが持つこと、なのです。

その一つの責任の取り方について、ご説明しますね。

 

生活費分の貯蓄さえあれば今すぐにでも仕事を辞めてもいい

仕事は生きていくための手段です。

この手段以外で生きていけるのであれば、それでもいいのです。

生活費があるなら、仕事をする必要はないのです。

 

今の仕事を続けていると、身体の調子が悪くなりそうであれば、

できるだけ早く手を打ちましょう。

会社に相談して休ませてもらうとか、仕事を辞めるとか。

 

そんなことするとこれ以上出世できなくなるかもしれないとか、

未来のことを心配しても意味がありません。

未来のことはだれにもわからないし、

身体を壊してしまっては元も子もありません。

元気があればなんでもできる、ですよね!

 

考えるべきなのは今のことです。

今、何をしたらいいのか。

次をうまくやるために、

今、何をしたらいいのか。

 

 

時間があれば何でもできる

仕事に忙しいときは、自分のことを考える時間が取れません。

疲れた身体をいやしたり、勉強したりすることが難しいです。

自分のことを見つめなおすなんて、

時間がないときには考えもつかないかもしれません。

 

でも、

仕事に疲れて辞めたい、

でも辞められない、

どうしたらいいのか、と思い悩むのは、

自分のことを見つめる時間を取れなかったからなのです。

 

自分の理想と現実のギャップが大きくなりすぎたことが原因なのです。

 

自分を見つめて、自分がいま

 

・なにをやりたいんだろう

・なにを大切にしたいんだろう

・なにをやりたくないんだろう

・これからどうしていきたいんだろう

 

と考えているのか、その理想に対して、

今の自分の現実がどれだけずれているのか考えるために、

時間を使うことはとても大事です。

その理想の上に、自分の勉強や仕事があれば悩みはとても少なくなるのです。

 

この自分の声を聞くことができたら、行動しやすくなるのです。

 

 

家族から仕事を辞めることの同意を得ることが責任

あなたの家族に対する責任は、より多くのお金を稼ぐことではありません。

会社を辞めて、転職をして、今より給料が減ったとしても、

家族が幸せに生きていければそれでいいのです。

家族を幸せにする覚悟は持っていますよね。

それでいいのです。

 

子供が学費の高い学校に行けなくなっても、

高価な食べ物が食べられなくなっても、

いい家やいい車がなくても、

幸せに生きていくことはできるのです。

 

あなたが家族に対して果たさなければならない責任は、

自分の気持ちを素直に家族に伝えて、

家族から同意を得ることです。

あなたの覚悟を家族に見せることです。

 

そのためには、

いくら貯蓄があって、毎月の支出はいくらになるのか、

だから生活費はこれだけの期間、十分にあるのだ、

ということを伝えなければなりません。

 

支出については、大幅に削減しないといけないかもしれませんね。

毎月の住宅ローンの支払いが大変なら、家を売って、より安い家賃の家に引っ越すこしたり、

車を手放して、保険や整備費用、税金、を削減して、代わりにタクシーやレンタカーを使ったり、

子供には公立学校に通ってもらうとか、

保険は大幅に見直すとか、

様々な支出削減策を実施して、これからはこういう予算で生きていくと、

予算案を作成する必要があります。

 

この予算案を家族に承認してもらうのです。

 

この予算案であれば、今の貯蓄と照らし合わせると

これだけの期間の時間を作れる、と示すのです。

 

その時に、なぜ、この時間があなたにとって必要なのか、

この時間は家族にとってどんなメリットがあるのか、

も合わせて示す必要があります。

 

そうすることで、

あなたは、家族に対して養うという責任を果たしたことになるのです。

家族から反対されることもあるでしょう。

でも、あなたがその反対を恐れず、自分の目指す将来に向けた取り組みとして、

この予算案を家族に示すことができれば、

家族は、あなたが会社を辞めることを

真剣に考えてくれるのです。

 

まとめ

どんな時も、

家族みんなが楽しく幸せな気持ちになれるようにすることが

あなたの家族に対する責任です。

 

会社を辞めるときには、これまでとお金の使い方を大きく変えることが必要になるかもしれません。

 

これからのお金の使い方を考えて家族にきちんと示し、

あなたが会社を辞めることが家族の幸せにつながることを説明することが、

あなたが家族に対してするべき、一番の責任なのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

画像引用:Pixabay

会社を辞めた理由
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント