会社を辞めて後悔しないか?私が会社にしがみついて辞められなかった理由!

スポンサーリンク

私は会社を辞めるかどうかを考えるときに、将来のことを考えすぎると不安が頭をよぎり、なかなか決断できませんでした。今持っているものを手放すことが怖かったのです。何を手放したのか、どう考えて手放したのかについてお話します。

会社を辞める決断をするのは本当に大変です。

 

私は会社を辞める決断をする前に、

体中が痛くなり、

ずっと水の中で溺れているような感じになりながら、

苦しみ続けました。

 

やっとの思いで決断し、

上司に会社を辞めることをメールするために

送信ボタンを押した瞬間、

体中の痛みや溺れているような感覚が一瞬でなくなりました。

全く苦しくなくなったのです。

 

本当に早く辞めると決めればよかったと思いました。

必死に会社にしがみつこうとしていたことに気づきました。

 

会社にしがみついて辞められなかった理由

将来の収入が心配になった

会社を辞めると会社からの収入がなくなります。

会社からの収入がなくても、しばらくの間生きていけるだけのお金を準備しておく必要があります。

仮に1年間生きていけるだけの貯金があれば、会社を辞めて1年間は自分の時間を過ごすことができますね。

体を休めてもいいし、旅行をしてもいいし、自分で商売を始めてもいいし、再就職に挑戦してもいいし。

 

でも、貯金が尽きるまでの間に十分な収入を得られるようになるか、保証はないので不安になりました。

それなら、今の会社に居続けたほうが収入を安定して得られるのではないかと思ってしまいます。

 

将来ずっと会社が存続して、かつ私の収入があり続ける保証はどこにもないと、

理解していたつもりでしたが、

やはり、今の収入と将来あるであろう収入とを比較すると、

今の収入を選んでしまうのです。

 

「今あるもの」と「今はないけど将来得るつもりのもの」とを比較で考えるのは難しいですね。

 

この比較を考えると、いろんな、将来うまくいかない理由を見つけてしまいました。

 

  • 会社員のキャリアに穴が開くとやり直しがきかない
  • 今よりいい職場は見つからないかもしれない
  • 給料が下がるかもしれない
  • 別の会社でもまた辞めたくなるかもしれない

 

この比較ではうまく考えられないので、私は今何をするべきか考えるようにしました。

今は自分の夢をかなえるために時間を使おう。

もしいつかお金が必要になればまた働けばいい。

その時にできる、一番自分に向いた仕事につけばいい。

と考えることが一番納得することができました。

 

 

人の目が気になった

平日の昼間から家にいると、近所の人もそのうちに気づくでしょう。

 

仕事をしていないんじゃないか?

大丈夫なのか?

と思われるんじゃないかと気になっていました。

 

無職であることに、どこかやましい気持ちがあったのは事実です。

働かざる者食うべからず、という言葉をいつも思い出してしまいます。

 

 

会社員でなくなった私を、周りの人はどう見るだろうか。

 

実際に会社を辞めてみて、周りの人からの目に何にも変化はありませんでした。

ただ、私だけが無職になることを気にしていただけでした。

 

人の目が気になるというか、自分の目が気になっていたようだと、今は思います。

 

でも、一生働かずにいようと思っているわけではないし、

自分の長い人生の途中で、まとまった時間を取って自分を見つめなおしたくて、

本当にやりたい、新しいことに挑戦したくて、

休みを取ろうと頑張って会社を辞めることを決断しようと思いました。

 

 

キャリアを失うことが不安だった

「学校を卒業して働きだしたら、途中で無職になってはいけない。」

「無職の期間があると、良い会社に就職できなくなる。」

と、誰から聞いたのかは分からないですが、思い込んでいました。

でも、就職したい会社が求める人材であれば就職することはできるはずだと思う気持ちもありました。

 

私は会社を辞めてしばらく休みたいと思っていたので、再就職できなくなるかもしれないことが怖かったのです。

自分の仕事の歴史にブランクがあることが転職活動に悪影響があるかどうかはわからないけど、

ブランクがないことは転職活動に悪影響はしないだろうと、念のために仕事にブランクを作らないと思っていたのです。

 

でもそう考えると、人生の途中で休みを取ることはできなくなります。

自分が心から休みたいと思ったときに休めないなんて、そんなブラック人生いやだ、と思いました。

会社を辞めて休みを取った後に自分がすることで、自分という人間を人に説明すればいいと考えて、

キャリアを失うことは考えないようにしました。

 

会社を辞めると後悔したか?

会社を辞める前は、会社を辞めたら後悔する、と思うかもしれません。

でも、会社を辞めたら何とかするしかないわけで、後悔は全く起こりませんでした。

 

むしろ、生きていかなければならないという思いが強くなり、なんでも前向きにやろうという気持ちがわきあがりました。

まるで学校を卒業したばかりの若いころのように。

 

会社は生きていくためのお金を得る手段の一つだと思います。

生きていくための手段は別の会社もあるし、別の仕事もあります。

生きていく目的は、自分が本当にやりたい、やるべき何かをするためだと思います。

 

自分が本当にやりたいこと、やるべきことに気づきそうになっているから、

あの時のまま会社に居続けることにストレスを感じていたのだと思っています。

 

いつか来る私の人生の終わりに、決断して良かったと思えるようにしたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事:会社を辞めたいけど、気まずくて言えない!このモヤモヤした気持ちは何?

 

会社を辞めた理由
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント