ピエール瀧逮捕後の石野卓球の行動を坂上忍がバイキングで否定

電気グルーヴ
RyanMcGuire / Pixabay
スポンサーリンク

3月25日(月)の12時から放送されたフジテレビのバイキングでピエール瀧容疑者逮捕に関する石野卓球さんのツイートを取り上げました。MCの坂上忍さんの番組中のコメントは、ツイッター上で多くの人に非難されています。


石野卓球さんは同じ電気グルーヴの相方なんだから、ピエール瀧容疑者の行動に対して責任を持った発言をするべきだ、という論調で坂上忍さんは番組を進めていきましたが、ネット上では価値観の押し付けのように捉えられているようです。

どのような発言があったのか、見ていきましょう。

石野卓球の行動に関する坂上忍のバイキングでの否定発言

『この一言も物議を醸しだしましたけどね』

ピエール瀧容疑者が逮捕された後、最初に投稿されたツイートを見ての一言。

『これはよくわからない。ブラックジョークみたいなもんなの?なんなの?』

3月21日の石野卓球さんのツイートを見ての一言。


このキャラクターが電気グルーヴの公式キャラクターに使われていることが説明された後、番組コメンテーターからは、

「不謹慎では?」

「本当にコアなファンの間だけで、へこたれずに頑張るよという意味でのブラックジョークならいいけど。この時期はさすがにないよねと言われますよね。」

「社会人として迷惑をかけているわけですよね。メンバーとして応えるべきですよね。」

といったコメントが出ました。

それを受けた坂上忍さんは、

『これはよくわからない。ブラックジョークみたいなもんなの?なんなの?』

と発言。その後、この漫画の意味を次のように表現されました。

『何が社会人だよ、ロックなんだよ!っていう気持ちかもね』

出典:バイキング

番組冒頭、電気グルーヴの音楽を「テクノ」と紹介されたいるにもかかわらず、『ロック』と発言。その後、発言を求められた野々村真さんは丁寧に「テクノ」と訂正をしていました。

『あ、そういうキャラなの?』 『二十歳そこそこなら「バカじゃないのか、お前」ですむけんだど、同じ年なんだよね』

「(電気グルーヴは)もともとそういうふざけるグループみたいなところがあるから」という小杉さんの発言の後に、坂上忍さんは石野卓球さんのことをよく知らない様子で、「あ、そういうキャラなの?」と確認をしています。

若い人がふざけるのなら「バカじゃないのか、お前」で済ませるが、50を過ぎた大人がやることではないと言わんばかりの様子で、『二十歳そこそこなら「バカじゃないのか、お前」ですむけんだど、同じ年なんだよね』と発言。

『この意味もよく分からないけど。まだあるんでしょ?』

ピエール瀧容疑者の逮捕後、石野卓球さんがピエール瀧容疑者と一緒にドイツで撮影した写真を自分だけの写真に撮りなおしたときのツイートをみたときの発言です。坂上忍さんはコメントができないといった印象でした。

『誰も得しないことをおやりになられるんですね、この方は』

石野卓球さんがタトゥーを入れたことを知らせるツイートを見ての一言。

「ピエール瀧容疑者が逮捕されたことによって、仕事関係の人たちがが後始末に追われているわけじゃないですか」

「もしかすると石野さんも被害を被った1人かもしれないけど、相方って考えたときに違ったアプローチをしないと納得を得られないし、納得させる気もないからこういうことをツイートしているのかもしれないけど」

という発言とともに、石野卓球さんの責任を問うような態度を示していました。

番組中のこのコーナーの終わりで、

「唯一の救いはピエール瀧容疑者が自白というか、一つ一つのことを認めていっている様子がうかがえるので、このまま知っていることはすべて正直に供述することを願いたいですけどね」

と話されていました。

唯一の救いと言ったのは、「石野卓球さんの行動は問題だけれども」という考えの現れなのでしょうか。

「ピエール瀧逮捕後の石野卓球の行動を坂上忍がバイキングで否定」まとめ

ピエール瀧容疑者が逮捕された後、徐々に石野卓球さんがツイッターやインスタグラムなどで活動を再開され始めました。その行動を坂上忍さんがバイキングで、見方によっては否定的に取り上げていました。いろんな意見があることは当然なのかもしれません。今後捜査が進んでいき、いろんな意見が衝突するなかで、犯罪が起こらない社会に近づいていくことを祈ります。

電気グルーヴ
スポンサーリンク
関連記事
ハナキチをフォローする
おじさんよ大志を抱け!!

コメント